見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

石が合わないとき
はい、あるんですよね~
自分に合わない石が


理由は大きく分けてふたつ

1)本当に自分に合わない
2)自分にとって、良薬口に苦しの役割になっている

オリジナルブレスなどで、きちんと鑑定して作ったときに
あらかじめ、変化を促すために(2)の石も含めることがあります。
お守り系には不要ですが、
停滞感ムンムンの方には、強く行動ができるように促す石を使い
冷静さが必要な方には、飛び抜けてクールな石を使います。

そうすると、本人は
「なんか違和感がある…」と感じるわけです。

これまでのぬるい生活に変化を入れるためのものなので
どうしても厳しく感じるようですね。
しかし、それはきっちり鑑定してますので
どうしても無理な場合には、ある程度平気になってから着けてください。

ただ、自分で購入してきた石で
・頭痛がする
・イライラして仕方ない
・ちりちりして長い時間つけていられない
そういうときには、ホントに合わないのでやめときましょう。


私の場合、

1)の理由でダメな石
ルビー、ガーネット、ラピス ←気位高い石ばっかです。

2)の理由でダメっぽいけどまあ、平気になった石
インカローズ、ピンクトルマリン ←セクシャルな石。笑


ちなみに、自分となじみすぎて無性に好きなのが
モルダバイト、アメジストエレスチャル、エメラルド、プレシャスオパール
次点で、ラリマー、翡翠あたり。


さて、オリジナルブレスはチャネリングで石を決めてますが
セミオーダーはというと、チャネリングはせずに
指定の石を見ながら、本人に似ている石を探し、そこから組み合わせます。
指定の石と本人があまりに合わないと、悲しい結果になるため
緩和できるように石を選びます。


誰でも、なにかしら似ている石というのがあり
それはほとんどオーラカラーにちなんだ石になっていますが…
いわゆるオーラの色(感情で変わる)だと、揃えてもあんま意味がないので
もっと本質に近い部分の色に揃えていきます。

例えば、アベンチュリンに似ている人が落ち込んでいるとき
もっと暗い緑と化しています。
そういうときには、アベンチュリンと元気になる石を組み合わせます。

また、その人に婚活ブレスをつくるなら
違和感が少なめのオレンジアベンチュリンとなにかを組みます。


そんな感じで石を選んでみて下さい。
ちなみに、この人はこの石に似ていると思ってると
よくそのクライアントさんが、そのアクセをお買いあげになるんですね。笑
何度も続くと結構面白いです。
霊感などなくても、自分で分かってるんでしょうね~

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.