見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

タケミカヅチノカミ(たぶん)
自身の心の平安の目で世を見れば
同じはずの場所も、同じはずの物事も全く異なって見えよう

鮮やかで優しく、人々の魂に光が灯り
悪しき物事を起こす者らですら、かくある成長の途上であると
認めることができる

全てを穏やかな眼で見渡し、己の内にある平安と
他の事象を融合させ、世を認識してゆく…

世が穏やかな光の内にあると、
繰り返し認識すればするほどに、確実にそのような機会に恵まれてゆく

よりたくさんの機会を持って確信してゆくだろう

ただし、真逆も起こる

この世をいまいましく、悪意に満ちていると確信し
そのように見ておっては
ますますそのような部分にのみ、己の生活を送ることとなる

心の内が現実を変えるのは、
心の目がどう世界を取れてゆくかということになる

此度の新しい環境を手中にして(※私個人のことのようです)
心の内がすっかりと穏やかになったのではないか
ならば、世もまた違って見えるものだ

さあ、とくと見てみるがよい…

ヤマトタケルノミコト
人の人生には当然、転機もある

人の心ひとつで良いも悪いも感じるものだ
だがその転機は必ず人の生きる道に
大きな力を与え、適切な方向へと導く

良し悪しを決めるのは人の心と申した通り
実際に訪れる転機には両方の側面が必ずある

なぜ、起こったのか…と考えずともよい
それはなるべくしてなったものよ

人がなぜ生まれ、なぜ死ぬのかと等しい問いぞ
その問いは生きているぬしらにとり、何の意味があろう

生まれるも、生きる道の中で新しい機会を得るも
その人生を終えようと、ただひとつ…

その真実残るはただひとつ、生きることをした経験のみとなる

転機を生かせ
その転機には必ず大きな学びがあり
今後生きるための糧があるもの…
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.