見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

お知らせ
本日をもちまして、年内の鑑定受付は終了させていただきます。
ご入金が明日に反映となった場合のみ、年内に返信させていただく予定です。
来年は5日以降鑑定開始になりますので宜しくお願いいたします。

今年も一年、たくさんの良いご縁をいただきましたこと
感謝いたします


紫音

邇邇芸命
はっはっは


世の中は動くぞ…
知らぬ知らぬと申す者も、変化を見ねばならぬ

旧習にしがみつき、古い生活から抜け出る時ぞ
同じ暮らしは同じ心を持ち続けることを要求する
だが、変わらねばならぬ者にとって
環境の変化はなくてはならぬものとなる

心して、新しい変化を受け入れよ
新しい心で楽しみ、膿んだ部分は都度切り捨ててよい

自ら新しい環境を求めてもよい
そうすることで必然的に心も変わるからだ

新しい人生に何を持ち込みかは人それぞれ

楽しむとしようぞ…


はっはっは

ミカエル
親しき友
愛する者の笑顔
人を取り巻く数多の暖かさを、人は皆、本質的に知っている

知っているからこそ
時には喪失を悲しみ、
憂いを感じるだろう

でも、それでも人の心には愛がしっかりと刻まれている

生まれ落ちたその時、その場の人間は
貴女を笑顔でこの世界に迎えたように。

今よりももっと長く広く穏やかな眼差しで人生を見渡せば
そこには愛で支えられ
生かされてきた証がきっと見つかるだろう

人々が集い、笑いあう日こそ
自分という存在が愛によって支えられ
生きてきた証なのだと知る機会になるものだ

私たちはどこにでもいるよ

人が笑い合い、互いを尊敬し
支え合う時、きっと私たちを感じるだろう



ミカエル

邇邇芸命
はっはっは


希望なくして人は生きられぬだろう

希望とは誰かに与えられるものなのか、否
自分の力で見つけるものじゃ…

自分の力を信じ、自分で為すことを的確に見定め
その中で道筋が見えてきたとき
そこに希望は生まれる

現実に即さない想像の産物を希望としてはならない
ときに現実をその目でみることすら辛いとき
想像力を働かせ、現実での道を模索することもあろう
しかし、いつかは現実に戻るものだぞ
人は現世の子、それが大前提じゃ

その世界には善いものも、悪しきものも多くあれど
その全てがこの世界じゃ

受け入れればわかるのだ
傷を負うことだけではなく
現世の善なる部分も見えてくる

ただし、そのとき、己の目は想像の世界ではなく
現実へと向いてなければならぬだろう
大いなる魂と直結し、生きるものほど生きることは辛く、尊い

だが同様に救いはあるものだ…

はっはっは

邇邇芸命
はっはっは


心の中をどんな言葉で飾ろうと
目には見えぬだろう

だがその者の心を解放する場はどうか

住む家の中、庭、あるいは仕事場での己の場よ
それら、自分の場と認めるところを
人は無意識に己と同調させようとする

片付けない者、綺麗にする者
あふれんばかりの物を置くことで安らぐ者
良し悪しは問わぬとしよう…

それらはすなわち、その者の心の内じゃ

逆にそれらの環境を変えることで
心もまた変わってゆくものよ

年の瀬じゃ…
ここが自分の心の内と思って
眺めてみればわかるだろう

なに、心の落ち着いている者ほど
多くを持ちたがらぬ

そういうものじゃ…

はっはっは

邇邇芸命
ようようと心の光を見出した者は強く明るい
暗闇を知っているからこそ、陽の光、明るさを知っている
その者は、己を見失うことはない

だが、人は迷うものぞ

心や感情有りて、人の個をつくるなら
迷いも悩みも同時にそこにはあり、
消えることはない

それを克服して囚われず、次の一歩をみつけることが肝要じゃ

囚われた心で考えようにも思いつかぬ
一旦、心を無にして
目の前のやるべきことをし、生きてみることじゃ

体を動かせば、体だけでなく心も魂も動き始める

目の前のことをひとつずつ丁寧にやってゆくことで
事象が起こる理由もわかってくる
理由なくして、起こりはせぬ

人を取り巻く事象の全てになにかの理由がある
なくしてあるものはない

まあ、それが人が生き抜くヒントになるかの…

はっはっは
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.