見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
人の心の内を見るに、そこに在るのは
自身の内に在るものへの反映

他人を、好きと思うも嫌いと思うも
全ての因は自身にあり、そこに相手を見る

誰かに何かを思うとき、それは元より己の心中にあった感情が
掘り起こされたからに過ぎない
ならばなぜ、その感情があったのかと己に問うが良い
他人ではなく己に問うのだ
さすれば、答えにたどり着ける

個は全体であり、全体の中に個があるように
自身の中にも全ての感情が眠る
それを今、なぜ他人が揺り動かしたのか
縁に触れて動いた感情は、必要に迫られて目前へと現れる

自身の成長のためにその縁を役立てよ
どのような縁であれ、
これまで持たずにきた新しい考え方、
新しい感情をもたらしてくれたものよ
その機会に気付かねばならぬ

2度、3度繰り返し起こるのも道理
己自身が招くからよ

人が自身を見つめ直さねばならぬ時こそ
同じようなもの、同じような人間に出会う確率は高まり
繰り返されている事に気付くだろう
自らが招いたその機会は、学びのために摘み取るがよい

次の扉、次の扉と勢いよく開きつづける者は
えてしてそのような機会に気付くものが多い
であるから必然的にすぐ次の扉が開くのだ

新しい転機は扉のむこうにあり、
自らが手を伸ばして開けることから始まるものぞ

ニギハヤヒノミコト
人を育てるということは、相手の全ての行動や考えを許容し
その中から一さじの砂金を拾い集めるようなものぞ
そのたぐいまれな光を目にしたとき、
その者も、育てる側もまた先に進もうとし、その気持こそがさらに
その者の持つ安易さ、暗闇となった部分に光を当てる

光の当たった部分は霜も溶け
やがて改良されてゆく
見届けるには根気と時間が必要なものぞ

長い目で見て、そのとき相手にとって最善と思うことに力を注ぎ
その部分を伸ばしてみるのだ
他の部分も同様に伸びてくるだろう
そして、やがて異質であった部分は消えるように。

人を育てるとはまこと、時がかかるゆえに
相手を信頼することもまた必要ぞ
信頼なくば、時を賭けることはできない。
時は有限であるがゆえに、相手もまた選んでしまう。

だが人は本来再生する力を持つ
全ての者が平等だ。

理不尽と思うことも、好かぬこともあれ
皆等しく伸びゆく力を持つ
それを自分自身が以下に相手の中に見いだして信じてゆけるか…

こればかりは己の内にしか答えはなかろう

多くの物が集う場所において
個々が合わぬことなど、最初から当然のこと

力で物事を成すより、相手を信頼し、伸ばし
そして本人の再生の力を信じなさい

信じる力は、本人の成長を促すはずよ

ニギハヤヒノミコト
日ごとに生きるを実感し、そう生くる者にとっては
死もまた背中合わせであることをよく知る

心や魂で知るからこそ、その時一刻を大切にし
自身のためだけでなく、誰かのために役立ちたいとも願うもの

多くの声がこれから先を考えている。
だが、今のこの時こそ、過去に願った未来の一部だということよ
この一刻を大切にせずして、未来を大事に生きることはできず
また、明るい展望を望むだけの時が続くだろう。

今、為すべきこと
一刻を生ききることが、未来への標となるものであるゆえに
人として大切なことを見失ってはならぬものだ

どれほど優れているように見えても
心の中は己のことだけであったり、
人をそしる言葉を平気で口にし、人に掲示するようであってはならない
またそのような者は、心のどこかで否定するだろう

己に忠実に、前を向いて生きる限り他人はどうであれ、
非難したり、そしる言葉は持たぬものだ
問題があるのは、かような言葉を放つ者
そのものだと知りなさい

ニギハヤヒノミコト
ようやっと霧は晴れ、
己自身の成すべきことを見定められる場所まで来たはず…

時の流れも、陽の登る様と等しく動き
その時を待つ

個々人の持つ運命のふりこは定位置で止まることを知り
片付かなかったことこそ、答えを出すことができるだろう

見定めた問題に答えを出す勇気を持てば
人生はより一層早く動く。
場合によては、2年も3年も早く動くだろう。

一層早くなった流れの中でも自身を失わずにいれば
やがて着地点は見える
かような年となろう

多くの因を持つ者は、結果も多くもたらされる
良い因も、悪しき因も全て、結果となり目に映る
そのときに自身の生きてきた路、姿がはっきりと
そこからまた学べるはずよ

学びとるということの大切さ、
その直感の力は
これから生きる上で重要さを増す

人が人として成してきた観念や社会の一部は
もろくも崩れ去り、新しい観念で生きざるを得なくなる

ついてゆけるかゆけぬかは、個々人に委ねられるものぞ

新しいという区切りを持つ人の世は
心や意思を改める力が宿る
世界にその力は宿るだろう

その力を借りて、己の決めたことを変え行く決心をするがよい
節目の持つ力にのって、新しく物事は動くだろう

思い切りも、強い決心も必要な年に
これまで通りのなんとなくは通用せぬ
どう在るか、心に定めよ
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.