見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おしらせ
年内の鑑定ですが、本日をもって受付を終了いたします。
今年もたくさんのご依頼をありがとうございました。

今年は私にとって、居心地のいい職場に恵まれて
ときどき神棚からちらっと見する気配にもめげず、仕事をしていました。
恐るべき残業もすっかり影をひそめ穏やかな良い一年でした。

家族も増え、こんな人生の展開もあったんだなとしみじみ思っています。

みなさんも良いお年を。

ニギハヤヒノミコト
人の内に渦巻く思い、社会や国に渦巻く思い
重なり、重なりあって一つの様相が生まれ
新しい局面となる。

変化は誰かの縁に触れ、混じることで起こってゆく
一人ひとりの変化は他のものの変化に影響を受け
重なり、波紋は広がってゆく

良い変化か、そうではない変化か?

自身の周りに置く人を見極めてみるがよい…
自身に良い影響を与えるものは少なからず
前向きな姿勢を掲示し、己をもまたそうさせてくれる
その輪の中でどんどんと歩を進めてゆけばよい

次の年もまた大きく人は変わろうとするだろう
変化が目に見えずとも変わろうとする者が増えつつあるのは
本当の大変化の前に起こりうることだ

新しい社会や人の在り方の中で
自分をどう生かしたいのかを考えてゆけば
いずれ新しい場所にたどり着く

生ききってこそ、人の生の真実が顕わになる
どのような状況であれ、生ききるものには助けもなた存在するのだ…

広く大きな川はゆったりと流れ、狭く短い川は急流であるように
人の人生も川と同じく
その姿も2つして同じくするものはない

1人の人間の影響が高まるにつれ
周りも同じくするのであるなら
その輪の中で正直に生きることもまた大切だろう

正直さとは己を正しさを訴えることではない
それぞれの正しさ、個性を見てみることだ

豊受の神
人の子よ、自身の心の中にある希望をみつめ
常にそこから、次の一歩へと繋がる方法を考えよ
諦めるはたやすくできること

社会や世に、常に常に変容を迫られるが
変容しきれずに途絶えるものもある

もしも全員が前に進むことを選んだのならば
効果は相乗となり、どんどんと進むはず。

次の世への石畳を築き、路とする作業は
果てがあり、結果となる

苦行を通して学び時代は去りゆき
今は己と向き合うことから知ることよ

自分の心の調子を前向きに合わせていけば
現世ではなるべきしてなることが起こり
結果は早い

現世のみを意識して生きる時代は終わる
常に多重を意識せねばならなくなる
科学もある程度追いつき、それらを証明する

これまでの価値観を覆された時、
人はどう生きることを選択するか、否か

信念は足がかりをどこにおくのか
全ての答えは心中にあり、結果も心中に戻る
意識して生きることをすれば
波はそのような場所へと人を運ぶ

生き長らえて、人の寿命が伸びるとて
それにも限界がある
時を無為にすることなく、全うすればよい
今の生でも成すべきことを終えた魂は多く
天へと戻り、分かれてゆく

失うのではなく、他の世界より新たに
指導をする立場となり、この先の変容を支えるだろう

今、この瞬間も貴重な一歩であることを
のちに知るだろう

結果はすぐに、求めることではない
先を信じて生きることじゃ

豊受の神
己の心の中で決心するということは
言葉にせずともこの現世全体へ、己自身の心を宣言するということじゃ

決心とは心を決するだけではなく、物事のはじまりでもある
そこからあらゆる物を生み出すものじゃ…

心を決めていないようで、なんとはなしに日、人生を過ごすとて
何も決めずにゆったりと流れのままに生きると決めておるということよ
流れは流れのままに
あくまでも人生を本人主体の働きではなく
人生は進むだろう

心を決して進むと決め、あきらめず、愚痴も言わず
ただただじっと未来を進み続けることで
心に決め、世界へと発した因へと、様々な要素が舞い込んでくるだろう

善なる動きへの反動を示す者、賛同する者、力を貸してくれる者
あらゆる働きが舞い込み、動が生じる
動きの中で決心に彩られた行動が後押しされ
いつしか現実になるだろう。
現実と心の狭間は紙一重…

現世で心を病むとされた者の多くでも
この狭間にきちんと生きておる

他人がどうこう言おうと、自分の心に決めたことを放棄しない限りは
世の中から影響を受け続け
人の生きる路は、変わりつづける。

変わりつづけるその様を実感し
気づく者が増えるということじゃなあ

心と現世は異なるものではない
同じじゃ

その意味がいずれ人の身にも、理解できる日がこよう…
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.