見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニニギノミコト
さよう…

主らの世ははかなくても、人は強く
そして時に迷う

迷った者こそ、己の目前にある霧に気がつかず
霧に投影された己の影を
他者のごとく追いつづけるものぞ

人は人、されど1度関わった人間たちとの縁は深く
影響しあうものになろう

人として生きる以上、それ以上それ以下でもなく
人として成長することに目を向けよ

能力がどうのの問題ではない
人間性がひたすらに問われる

最も卑しきは、己のことしか見えぬ者…
他者を思う心は、己の利益のみに司られる
そこに無償の気持はみじんもなく
あまつさえ、己自身が無償の愛や援助によって
生きてきたことすらも完全に忘れ去っている様じゃ
どうだ?見たことがあるだろう…

卑しいというは、己のことしか見えぬ者ぞ
それでは畜生とさして変わらぬ
人であるゆえの成長どころか、後退している

人の姿を見て考えれば良い
誰も彼もが何かに救われるわけではない
救いがない者もある
ただ、それはその者に由縁する

なぜ、このような生き方であるのか
他者を見て学んだときにより深く成長ができる
他者から学ばぬものに救いも成長もないものだ

様々な者が在るからこそできる学びは
生きている間のみよ
一度、生から離れれば己を振りかえるのみぞ

人同士、同じ場所に在れば、異なるがゆえに離反し
あるいは調和からなる喜びもある

1つひとつがこの世でなくば味わうことのできないものばかり
苦しいことも、悲しみも
人が織りなす調和は、まるで宝箱のようなのだ

出来事1つに心を翻弄されず大局を見よ
この世があるからこそ、今の世に生きる人を育てるのだと

ニギハヤヒノミコト
心身ともに健やかで、均衡が取れている時
その魂が放つ光はより大きくなり
周囲のあらゆる事象、運、思いを引き寄せて
増幅し結果となる。

逆もまた然り。
体に不具合があるとき
心もまた病んでしまえば、
それは一層の同調を持って相互に悪化しゆく

それほどに双方は深くかみ合い
人を成す

人が肉体の器に意識を向けすぎるとき
それが良い意識であればなお良く
心配事や不安に苛まれ、肉体を気にしすぎるとき
不安は現実と化すものぞ

均衡を取り入れて、中立に生きることを心がけよ

人ならば、右にも左にも心は揺れよう
れをまた中央へと持ってくる努力を
常に忘れずにおれば良い
人とはさようなものぞ

真に白い魂も、悪い魂もない
その者がどうあるか選んでおるだけぞ

心の中はその者自身にも見えにくいものだが
人はその心を事象から判断することができる

明るい光の下、全てをさらけ出しても
肯定的に生きられるか
そなたは左様な生き方を選んだのだ

吉さん 続いて
大雪の日、本当に偶然ぽっかりと仕事が途切れ
うまく振替休日を取れました。
おかげでのんびりです♥

常になにかの仕事が炎上しているような現場なのに
こういう巡り合わせは珍しく、遊び倒してしまいました…

さて、その日、なんとなくテレビをつけっぱなしにして
家事をしていたとき
ふと吉さんがつぶやきました。

「人の持っている運は同じ分だけある
 こうして成功するものは、自分自身の意思をそちらにつぎ込んでいるから
 結果が出ているのだ
 ほかのものは仕事で成功する以外にも、自分の意思を注ぎこんだものがあるのだろう
 比べれば、みな、同じ分だけの運を持っているものだ

 ただし、産まれてくる前の人生によりけり
 多く持っているものもいる
 もちろん負債になっているままの者もあるがな…」

その番組は、ビジネスで成功した人の密着取材でした。

ただ、こういう番組や
海外のへんぴな場所で生きることになった日本人女性の物語を見ていると
本当に深い深い、見えない理由でそこに導かれてるんだなと思うときがあります。
思うというよりも確信で、人によってはその理由も見えてきます。

さすがにテレビで取り上げるぐらいのストーリーともなると
ちょっとやそっとではなくて、本当に感動するような物語が埋め込まれているものです。

たとえ、本人が気がついていなくても
導きは確かにあります。

ふと吉さん
さて、昨年からなんだか吉さんが頻繁にうちに居ます。

同じ役割を担っていた天使、カマエルはそのとき帰郷し
吉さんはしばし、守護の任務を引き受けてくれているようです。
うちの会社は、ホットラインがあるようなものなので
移動もスムーズなんでしょう。笑

そんなある日のこと。

数年前手がけた案件で、ケモノ憑きの人間から離れるように進言し
その後、自分の人生を取り戻した方がいるのですが…

そのケモノが主のやっている店が閉店の憂き目にあった時
こっちに再び、かまってきました。笑

わくわくしちゃうから止めてっ、といいたいところですが
翌日にはあっさりと吉さんがどこかに追いやっていました。

都内某稲荷の裏に封じ込められてます。

最初に見えたときには、なんか見覚えがあったので
ネットで検索した結果、言われた場所と裏庭の写真がビンゴ!
ここか!と思った訳ですが…

そのときに吉さんはいったのです。

近年、神社にお参りする人は増えているけれど
みんながみんな純真なわけではなく
中には神社やその周辺に居る力の強いなにかを捉えて
私用で持ち帰ったり、置いてかえったり…
そういうケースが増えてきていると。

だから、このケモノも見つかれば
私用で持ち帰ろうとする人がいるかもしれん。

見張ってはいるが…

と。

そもそも神社がどういう場所なのか、考え直す時期に入っているのかもしれません。
ブームだけで終わるのももったいないですからね。

ニギハヤヒノミコト
訓練された人々の群れは、互いに見
自身の立ち位置を見極め
それが正しいか、相対的に判断する

正しいとは何か
他の者と殊更違う選択を持たぬこと、そのものではない
同じであれば正しいという錯覚に陥っているだけぞ

人々の心は、同調し1つの大きな意思を生む
右の者とも左の者ともそう違いのないよう
己をその場所に留めることで
1つの意思は留まり、固まり、現出する

その枠の外側にあるものは何か?
失敗なのか、成功なのか?
規程の枠に囚われないとところにこそ
社会を変える鍵や、
己自身を改革する種もある

いつもとは違った路を選ばざるを得ないとき
1つの機会は現れる
新しいものを手にするときなのだろう…

その感覚を人は元より持っているものぞ
新しいはじめの時に、
人は気持を切り替えようとするように
外側へと踏み出すときに可能性がある事を知る

人の子らよお、そなたらの試みは無駄ではない
重ね、重ねてついに近づいてゆくものだ
1回、2回であきらめてはならぬ

多くの先達がそうであったように
成功とは常に
より多くの失敗に支えられているものだ

新しい社会を志すのならば
これまでと同じ選択をせず
敢えて違う選択を持つのも時にはよかろう

小さな個々人の積み重ねから
大きな変革は産まれるように




知り得ぬ物は「ない」のではない
「ない」と思うことを選んでいるものだ
否定から入らず、肯定から入れば
常に物事の多くには可能性が包括されていることを知るだろう

目を開き、人が今、何を見るべきなのか己に問うてみるのだ
その時を経て、いずれ
その者の出した答えの正誤がわかるだろう

ニギハヤヒノミコト
月日は貴重にして有限
これまで幾度となく申したものだが
その有限さを意識すれば、人はいつしか己の本慨を知る

無為に嘆く時間より、今を生き切ることのほうが
どれだけ有意義であるか
人はこの現世を離れるときに振り返るものだ
己のこれまでの人生をな

そのときに多くの者は後悔する
ああ、まだできたことがあるのにと

ならばこの時間を無為にすることなく生きれるよう
今日、この日こそを大切にするとよい
積み重ねた日々の重さは尊く、計り知れぬ

その日をどう、充足させてゆくか意識することで
常にあらゆる方向に考えを巡らせることとなろう
結果、普段の生活では見いだすことのできずにいた
成すべきことにも思いがあたる

それを県名にやってみることだな
何かを懸命に行う時、結果が生まれ
己をいう存在を決める

己とは何か
何のために生きてきたのか
それを知る手だては、何かを懸命にやってみることぞ
そこから学ぶのだ

誰かに何を問うものではない

答えを見いだせぬという者こそ、本物の答えを持つ
安易にこれが私の生きる道と決めてしまえば
それは安直な答えとなり、
より多くの可能性は遮られる

人の子は多くの機会を与えられて、今ここに在るのだ

一人ひとりの意識が変わったとき
真にこの国の未来は決まり
定まったものまで覆ることもあろう
それをするのは今、生き、現世にいるものだけぞ

正しく在れと申すのもまた同じく
正しい思いは人の集団を超えて、社会や国をも動かす

未来は形作られる
その意思の通りに

神田マニア2
ところで、新年のご祈祷を受けている時
同時に受けておられた会社は他に17社いました。
凄い人数なもので、ニュースでもやっていましたね。

しかしちょっと不安に思ったこともあったりしました。

…だって、ここ…
真っ当な生き方をしている、真っ当な方法で商売をしている方には
とても援護をしてくれたり
あるいは理不尽な被害を受けていたりする人には
かなり強く援護をしてくれるのですが…

逆のケースは倍返しになったり…してました…

もしも、不正をしていたり
自分自身でも過ちに気がついていなかった場合には
援護どころかお仕置きが待ってますからね
暖かいだけの場所じゃないです。

一緒にご祈祷を受けた会社で、
不正なんかしているところはないでしょうね?と
ちょっと思ったりしました。

逆に護られてるな、と感じる自分の会社は
貧乏会社なので不正なんかはしてなさそうですけど。笑


と、ここで終わりにするつもりが
吉さんが話しかけてきて、長話になりました。

一緒にご祈祷にいった女の子のことや
最近、封印してもらった狐のこと…

…あれ?いっしょにご祈祷にいった女の子のことを
結構大事に思ってるみたいで、ああしてやれ、こうしてやれとアドバイスが。

さすが御朱印ガールなだけあって、吉さんの目にも止まったようでした…

神田マニア
さて、ちょっとご無沙汰でしたが
お正月あけて、ご祈祷に行って参りました!

なんとうちの会社…
かなりの神田さんマニアでして、
神棚も、おふだもありますし
お守りも会社で購入して、希望する社員に配布しています。

新年には会社の上役と営業、そして有志数名で
ご祈祷に行ってくるのですよ。
今年はたまたま声をかけられ、平社員なのに自分も参加できました。

まあ、ここまで書いてお分かりのように
かなりの神田さんベッタリです。笑

まさか、こんな会社に自分がとは思いましたが
就職活動中に天使がつぶやいた
「今週の面接は大事だから頑張るんだよ」の言葉を思い出すのです。

思えば、なんやかんやで予定がずれ、
その週はこの会社しか面接を受けてませんでした。

やっぱり、あの時
天使は私がこの会社にくることを知ってたんですね…

それ以降、ときおり吉さんがうちにくるようになり
いろんなミラクルが展開されております。笑
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.