見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

来週のお知らせ
なんとなく休日が欲しくなり
1日に有給を申請してきました。
もちろん、残業が落ち着いたわけではないのですが
なんとなく休みを確保したい気持で…

ところが今朝、友人の訃報がきました。
告別式が土曜なので、前日に休みを確保しておいて助かりました。

その子とは、席替えしても隣合わせになってしまうし
なにか縁があるなと思っていたのです。
まるっきり私とは逆のタイプなのに、違和感なくつきあえるし
本当にいい子でした。


おそらく私程度でもなにかできることがあるから
こうなった気もするのです。

彼女が若くして亡くなったのもおそらく運命だったのなら
自分にできることを精一杯するのも巡り合わせ

今週末は神界メッセをお休みします。
その時間は友人のために使わせてください。

近況
いつだったか、風邪を引いていると記事にしましたら
随分メールを頂戴しました。ありがとうございました…

では、今まで何をしていたのかというと
唐突な残業の日々でした。
この会社で初の残業漬け。笑

毎日ブルトーザーのように仕事をなぎ倒していたら
あっという間の数週間でした。

そんな毎日でも、ホントに面白いことが沢山あり
飽きずに過ごせました。

さて、そんなこんなで確定申告を思い出したのは数日前
やっとまとめに入っていますが…

自分のメモと入金があわない、あわない。笑
入金確認しないでセッションしているのが出てくるわ
セッションのあと、ブレスを作ったはずなのに
セッション費用しか請求してなかったとか。笑

まったくどんぶり勘定すぎ。笑
なのですが、銀行をひとつに絞ったおかげで今年は相当ラクチンになりました。

ゆうちょメインの方も多いとは知っているのですが
どうしてもこの作業のために一本化しておきたかったのです。

日々のご協力ありがとうございます。


★近いうちにまた寄付金用のグッズ制作しますので、お待ちください。
 確定申告の書類が出来てからになります。笑

コノハナサクヤ姫
ほーっほほほ

様々というはの…
多種多様な心の持ち主、考え、行動をする人の子らの中に己を置く時
その違いを肌で感じたときに出る言葉よの…

誰が悪い、良いではないものぞ
己という存在を真ん中に置いた時に
見えてくる人々のことを示す言の葉に過ぎぬゆえ
自身が中心にあり、そこから見えているものだと理解している者にとっては
様々という言葉は一側面のものに過ぎぬものだ…

人が人を選り好みするのは、人それぞれの波長や考えによるものぞな
従って、他の面から見えた様々の「様」を知らぬ

ひとたび、己をいう存在に身を置けば
人はたちまち忘れてしまうものだろうなあ

あくまでも客観的に物事を見る目を養ってゆけば
他人を否定することも、判断することもなくなるものぞ

むやみやたらに他人を排除しようとする者は
己を目が未熟だという証よ
様々の「様」が何であるのか
同じ多様な面が、自身にすら備わっていると知る者ならば
他人を否定することはなかろうなあ

否定の言葉の多い者とは?
それがあくまで正論に見えたとて
その事実そのものすら一つの面から見たものに過ぎぬ

人の子らは言の葉であやつることができるのか?
いや、そうではなかろう
自身の心を開き、広い目で世間を見渡せば受け入れられることばかりよ
右往左往するもまた人生ならばなあ

ほーっほほほ

あるいは広い心で暖かく生きる路もまたあろう
それを選ぶはただ一人
自身の判断だけにかかるものよ…

ほーっほほほ

コノハナサクヤ姫
ほーっほほほ

そなたと言うはまことにの…ほほほ
まあ、よろしい…

人として生きるは、己に忠実であり
自身を客観的に見られる限り
そうそう間違いはせぬものじゃ

時に生きることが苦しくなったとて
それを易々と乗り越えてゆけるたくましさは
これまでの人生の経験で培ってきたものよ
それはすでに一つの宝であろうの

ふと、気がつくその瞬間こそが天界からの閃きとすれば
それを実行するか否かで結果も変わろう
受け取る側に人間には、気がついていること気がついていないこと関係なく
必要な時、訪れるものぞ
ほほほ…

人が人生の中で何を成し遂げるのか、その器があるのか
ない者と思われる時には
自身で成長する意欲が欠乏しているのやもしれぬな…
天に願えど結果は出ぬと思うているときこそ
己で行動することを忘れているものじゃ

人が自ら、物事を変えようと奮闘している時に
天は閃きと機会を与える

努力と天の助けあって、結果を手にする者は
常に謙虚じゃな
それがまた次の手助けへと繋がるものぞ

ゆくゆくは人の中から人を助け、
自らを捧げるものが尊いのだと気がつく者も増える。

己へ意識を持ち続け、自分が自分が、という者は
誰も見ぬだろうの…

人に手を貸すことを拒まぬものほど
実は自身が最も助けられているということになる

そうして生きてみるかの?

ほーっほほほ

人生を顧みる
年末から約束していた飲み会で
以前、一緒に働いていた人たちとやっと再会できました。

私が仲良くしていた外部のライターさんも
同じ会社のディレクターも、イラストレーターさんも
とても元気でしたが、みな驚くほどに人生の変換期を迎えていました。

趣味の世界で見事な成果をあげ、海外からも仕事を受注していたり、
あるいは会社を辞めて、農家へと転身すべくお引っ越しをしていたり。
または、自分の夢の民家を手に入れて地方へ移住していたり…。

震災から今まで、自分の本当の生き方について考えた人は多いと思うのです。

このままでいいのか
同じ日常で良いのか、と。

私自身、転職したことで充実と気楽な生活サイクルを手に入れましたが
まだなにか物足りない感じもします。

明日も同じように一日がやってくるとは限らず
これからの一日いちにちを大事にしていきたいと思うばかりです。

3月の震災が起こったあの日まであと数週間ですが
有意義に生き切ることも、残された人の役目なのだと思っています。

コノハナサクヤ姫
ほーっほほほ

世の戯言もますます天に届く時代ぞ?
ほっほほ

己を欺き、獣と生きるは
自らを落とすことと同じじゃの…
ゆえに迎合してはならぬ

同じ国、同じ時代に生きるとて
既に人は別々のところにある
ともに交わることはなかろうの…

ほーっほほ

己を欺き、他人を欺くは
正しい道のりを見失うものともなるが
いかに自身が反省せぬ態度であるか
その姿に気づくは遠い先となろう

人はそれぞれの場所で己を生きることに努めるべきであったなあ

他人との関係で己を見失っては
自分を生きることすらできぬものぞ
まことに幸せな人間というものはの
自身の心で自身の人生を歩むことができるものじゃな

環境であれ、家族であれ
様々な要因の中で暮らす人にとっては
自身の心が分からぬものとなってしまうものじゃ

常に自身が何をしたいのかを知り
そうして生きれることほど尊いものはない

好きなだけ学び、好きなだけ遊び
生きることそのものを謳歌すればよいのじゃ

生きていて楽しいかと己に問うてみよ

それぞれの答えを持って
今後に生きる力とすれば良いのじゃ…

ほーっほほ

天之御中主神
ほっほっほ。

人の心が温まる時、そのときいかにして
心が温まったと感じたかよの…
それは相手を思いやる心を持つ人間に触れたと
自身で感じた時にほかならぬのだ

人との関係の中には思いやりや愛もあれば
恨みや憎しみだけで一杯なる者もいるだろう

敢えて言えば、それはその者自身が選んだ結果でもあるのだ

自身の心に何を置くのか、
それを人は自分で決めることができる
強い意思があれば、保ち続けることもできようの…

自身を振り返らない者にとっては
他者との関係は益あるか、ないかで決められる
多くは自身の内にある愛情を見いだせぬ者であろうの

心に宿した愛情はいつしか
他者に温かさをもたらすものよ
誰かに触れ、どう感じたのか
感じたものによりけりその相手は分かってくるものぞ

ふれあい、心地よいと思う人に心を傾け
その者らで協調し合い
そして互いに繋がることができれば
苦しい時もともに在れようの…

愚痴、不満が多い者はそっとしておくがよい
協調することなく
一人静かに己を見られるまで静観するが唯一となろう

揺り動かされる時期に人は己の弱さを知る
弱さとは、弱い部分だけを指すものではないぞ?

足りぬ部分、見直す部分が如実になり
誰の目にもあからさまになるということぞ…

見直しの時期には、それを一人行うものぞ
そしてなお、気がつかぬようであってはならぬのだ
一人ひとりが深く成長し
新しい段階を経るために必要なことじゃろうて

ほっほっほ…
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.