見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

急展開
まさか、たったの一週間でこんな記事を書く事になるとは思っていませんでした。



先週、何の気なしに書いていた天使にお願いリスト…
とくに仕事に関しては、すでに見通しがつきました。

それは本当に斜め右上の展開だったので
自分でも想定していませんでしたね。

元々、今の職場には長くいるつもりではなかったので
ほかの仕事を探しにいこうとはしていたのですが、

なぜか…

ミカエル「もう少し待って」

だったり、あるいは自分自身でもまだ時期ではないなと思っていたのです。
それが急に、ここ最近になって
年内いっぱいでなにかがありそうな感じがしていました。

そう感じだしてからは、あっと言う間。

もっと条件も収入もよく、もちろん正社員で仕事できる場所へ異動するため
今は空き待ちをし、
それまでの繋ぎとして現在のところにいる、という流れになりました。

正直、自分から辞めるわけでもなく
会社から辞めてほしいと言われたわけでもなく
第三者の介入で急に決まっちゃった、という感じでした。

ただのリストぐらいで天使がくるわけないなとは思ってましたが
こんな事情があったとは思いませんでした。

思えば「転機」や「転職」のサポートは、
そうチャミエルのお仕事でしたね。

レミエル
今一度、自分の心に問いかけるといい。

自分が何をしたくて、何のために生き
そして何を目指すのかを。

繰り返される日々は、その目的地へと向かう
一つの旅路に過ぎない。

どこを目指すのか、なにをしたいのか
自分自身でもわからない時
あなたは一体どこへ針路を取っているのだろう?

船が目的もなく、目的地も目指さずに航行することはないように
あなたがたの人生にも忘れてしまった目的地があるのだよ

それを今、あなたがたは一斉に思い出そうとしている
そのとき、このタイミングを大切にしてほしい。

自分自身の気持を整理して
自分の最奥に眠っているものをもう一度見つめなおしてごらん。

それはあなたがたの中で強く光を放ち
ここにあると訴えているからね

見つかった人はその希望と誇りを胸に下げ
光を抱く人として、まっすぐに進んで行ってほしい。

目的とはなんだったのか?
そもそも生きていることに目的があったのか
誰でも一度は問いかけるテーマだろう。

その答えは私たちも知っています。

「ある」のです。

天之御中主神
ほっほっほ。

いつぞや申したことやもしれぬが
人の世の常にたがわずに存在し、その理にそって動くものぞ

自身の中にある感情そのものに支配され
己の性格、行動もそれに倣えば
魂もまた染まってゆくもの。

常に己の心を見直すよう求められるのは
人は感情を持つ生き物であり、統率して自らを動かすことを
命題として内在しているからだろうの

心も魂も、感情で埋め尽くされたとき
その者の周りでは、それに見合ったことしか起こらぬ
どんなに神々に祈っても、それは叶わぬのが道理

自らが因を持っている結果であるならば
自分自身で結果を引き取るよりなかろうて…

真に前向きに生きる時、人の心には未来への展望と希望
祈り、進むための力強さが宿るものぞ
その人に見合った以上の結果もあるやもしれぬが
それはどのくらいその結果を乗りこなし
手にして行くことができるかの新しい課題でもあろう…

人の世で起こることは、その者の目に映る範囲で結論が出されてしまうものだが
実際はそうではないものだ。
生きとし生きるものら全てが
因を自らが持っているからこそ今の環境があることを知れば
目先の問題だけではなく、根本的な部分にも目を向けられるだろう

曇りのない目で自らの周囲を眺め、観察すれば
そこから抜け出る方法もわかるものだ

心は現実を掌握し、変化を担う時代ということを
言葉ではなく、真の意味で実感できるのか?
実感する者の心の変化、有り様こそが社会を変えてゆきますぞ


ほっほっほ。

お礼
先日、募集いたしました
「チャームでボランティア」に参加いただきましてありがとうございました。

今月2回目になる小さな天然石アイテムですが
今回の総計は4,940円になりました!

お預かりしました売り上げは
シェア=国際保健協力市民の会(http://share.or.jp)へ送金済みです。
カードなので、2カ月後ぐらいに領収書が届くようですね。

こちらの団体のサイトをご覧になっていただくと分かるのですが
現在でも東北の被災地で活動中なんですよね。
長い期間の支えができるようにと思い、
その旨添えて、送金しています。

また余暇を見つけて、ちまちま制作したいと思います。
数がまとまりましたら販売する予定ですので、
よろしくおねがいします。

ありがとうございました。

あるお守りの話
先日、友人宅を訪問したときの事。

チェストの上にあった奇妙な手作りの品が気になってしまいました…
器用に布をくみあわせて作られたその物体
一体なにかと思ってみていました。

「ポプリかな…?ん…」

まあ、そんなことはさておき
若干体調不良気味という彼女の子供たちを相手にしつつ
お茶タイムをしていました。

そして話題が偶然、その物体の話になったのです。

「これね…知り合いってほどじゃないんだけど
 顔見知りからもらったの。
 家庭円満のお守りっていってたんだけど、開けてみたのよ…
 そしたら写経したのが入ってて…
 なんだか気持悪いから捨てようと思ったけど、怖いし
 どうすればいいんだろうね〜」

開けてもいい?と聞くと、いいよ〜という返事。
早速袋を開けてみて見ると…
はい、ありました。
自分で写経したやつですね…

でもなんだかすっごく嫌だという気持で一杯。
お経なんて見慣れてるので、そういう気分にはならないものなんですが
どうにも違和感があるのです。

とても嫌だったのです。

「燃やそう、燃やしちゃおうよ」
「えっ?」
「平気平気、外行こう」

と、自分のライターとお経をもって家を出ました。
幸い、すぐ隣が国の所有地だったため
そこに堅くねじったお経を置き、点火しました。

あっという間に燃え尽きた紙ですが、
ねじったままの姿を保ってるのがなんかいらつき

「ホースの水ぶっかけて消火して、ついでに粉々にしよう」

と、友人に声を掛けるとすぐにホースを持ってきました。
友人の家は家庭菜園をやっているので、毎日使うらしく準備万端。

……なのに、なにをしても水が出ません…。

もちろん、レバーを引いてもいろいろいじってもダメ

ちょっとドン引きした私たちですが、
そっと持ち上げると全部きれいに持ち上がったので
ひるまず近くの川に捨てに行きましたよ。

そのあと、彼女は言ったのです。

「どうも、あれが来てからおかしなことが続いててね…
 病気一つしない子供が急に高熱だしたり。
 もう1人もずっと下痢しているしね…
 私も夜中にケガしちゃって、本当に夜間救急いかなくちゃだめかもって思ったぐらい」

うん、怪しいね。と思ったのですが
それのせいで異変が起きたと思う事自体、
ほかの影響を受けてしまう事にもなりかねないので…

「いや、違うと思うけど、気持悪いものは捨てるほうがいいじゃん?
 そのほうがすっきりするよ!」

と、添えておきました。

どうも写経した人が、なにかの深い思いを抱えて書き溜めたものだった気がするのです。
おそらく個人的な悩みかなにかを。

最近のあれこれと天使
先週、それはもう凄い事態に突入していました。
ブログのことは忘れるぐらいに…

簡潔に言うと、3人で回していたはずの仕事を
いつのまにか自分1人で抱え込んでました…

そんなこんなで、あっという間の一週間でした。

土曜の夜、仕事の配分を自分の想定している状況に変えて行くため
神頼みを思いついたわけです。

昔、一回だけ書いてみて意外に効果をあげたあの方法
天使にお願いリストを書いてみました。
具体的にどうしたい、こうしたいというのが明確になっていると
サポートしやすいそうです。

さて、夜寝る前にメモ書きしておいたメモですが…
まあ、案の定書いただけでコロっと忘れてしまってました。


 * * *


翌日の午後、予定があったので出かける準備をしていると

「待って。もうすぐ人がくるから少し待って。
 あと10分でいいから」と珍しく天使が話しかけてきました。

「だれか来るの?…まあ、10分ぐらいなら」と言い、喫煙タイムに。

その直後でした、なんだかどうしようもなく眠くなって
ソファーに座り込んでいると
圧倒するようなエネルギー量が上からのしのしっと降り掛かってきました。

「うわわわ、なにこれ?でも悪いものじゃないなあ」

すっと、そのエネルギーが一段落して形になり、降り立つのが見えました。

それは、どこかでみたことのある天使。

ウェーブの長い髪を持つ男性性の天使なのですが、
セッションのとき、どこかで見たことがある姿。

「誰だっけ…。だめだ、最近スピ離れしすぎてて、天使の名前を忘れつつある…」
「貴方なら、そのうち名前もわかるよ。笑」

そういうと、今回の訪問の目的を告げました。


天使にお願いリスト。

その内容を実現するためのサポートなのだと、彼は言いました。


ちょうど先日、カマエルは帰ったところでしたし、
新しい人がくると、なんだか面白そうなので歓迎です。

天之御中主神
ほっほっほ。

天と地は近くあり、地の様は天に影響を与え、
その逆もまた然り…ですぞ

天が揺れるときと言うは、地も同様に現象として揺れる様が明確になろうて
その物事一つひとつに心を置いたとしても
天の動向までは人には分からぬものであろうの

混乱した時期というは殊更にして、今まであり得なかった
新しい者、新しい観念が世を覆い
人はその新しいものに心を移すことで
混乱から心だけでも逃れようとするものぞ

その新しいものが真であるか、否か
それは知るまいて
時に、不実なる者に心を預ける者も出てくるものよ

人に混乱を与えず、真実を見極め
平穏に生きる人々の群れこそが
混乱の中でも自身を正しく生きることができようの
自身を見失うことさえなくば、どう生きればよいか
見えてくるだろう

とはいえ、人の世は常に一定の法則の中で変化してゆくものぞ
古くからその法則は繰り返され、今がある。
過去を知ることは、今の自分を知る手がかりにもなろうな

人の子は己の生活のまわりのことに心を費やすことを止め
世や社会を見て、自分を生かし切る道を選べ
その生き方ができれば、生きることに苦労はしまい
あるべき自分の姿を、自分で決めることができる者は
その姿を常に心中におき、自らの姿とし
日、一日を大切に使うがよい

一日は総じて人の人生のあらましとなる
なにげなく、費やしてしまう者はどうしても
一生をなにげなく終えてしまうものぞ

これまでのように、転生の中で学べる期間は
遠からず終いともなる

今の生でやるべきことに力を注ぎ
できうる限り己の魂を磨いて生きよ

それが先立った多くの人々への
最高の弔いとなるものだ

チャームはいかがでしょう。
redCY



かばんやキーにちょこっとつけられる
気軽なアイテムにしました。
今回はチャームです。

新規の追加はたぶんないと思います。
売り切りになってしまいますが、よろしければどうぞ。


今回も前回と同じく

●500円でメール便送料込み
 レターパック希望の場合は別途500円です。
 購入時に「レターパック希望」とお書き添えください。

●カートにある商品、全てを対象にして
 売り上げは送料以外全額を寄付金にさせていただきます。




【ご購入の流れ】
カートで購入していただきますと、自動返信でメールが届きます。
 ▼
メールにある口座へご入金/確認次第、発送となります。
レターパックの場合、送料+商品代で1000円になります。
 ▼
発送後、メール便およびレターパックの追跡番号をお知らせします。
 ▼
到着

よろしくおねがいします。ペコリ


【補足】
・おひとりいくつまでという個数制限はありません
・今回、石キズやへこみのあるものも使用しています
 エネルギーはきちんとあります!
 一応販売ページに記載がありますが、
 そのほかにもあったらごめんなさい。


会場はコチラです。

天之御中主神
ほっほっほ。

人の紡ぐ言葉というは、時に刃となり時に癒しとなり
その扱いは難しくもあろう

ただ、その言葉を持ったものの心がどうであったかよの
言葉は行き過ぎると刃となるが
受け取る者の心が柔らかすぎたのかもしれぬ
あるいは受け取れる状態ではなかったかのもしれぬな

時が経ち、全ては平穏になったとき
その真意もまた自ら見えてくるというものぞ

心が全てを動かし、決めている以上
その心を知らずして表面的な部分だけで
全体を推し量ることはできぬ
届かぬ言葉は、届かぬ意思と同様
その結果ももたらすことはないのだ。

人が生きる以上、相互にきちんとやりとりできぬはずはないが
常に誤解はあるものだ
それまでに培った関係こそが、その誤解も溶かすのであろうの…
ほっほっほ。

一つの言葉、一つの妄執に囚われすぎると
人はその考えで一杯になってしまうものだ
その自ら作り上げた感情の檻から離れて
正しいもの、全体がどうあるのかと把握し、
心に受け入れられれば
人はうまく関係を築けるものだ。

心と心でつきあうということだの
この先の時代では顕著になる
表面的な覆いは意味を成さず、
人は意思をはっきり保ち、声にして生きることを知るだろう

して、心と心でつきあう関係は
全く異なった者同士を居づらくし
似通った者、魂の位置が似ている者同士の付き合いが増えるのが道理じゃの
自らの周囲にいる者を見て、己を知れば
己を変えてゆける鏡となる
周囲に不満をずっと持ち続けていれば
不満の多い人の中で暮らすことになる

全ての人の子は己を知り、そして向上したいと
そもそもは思っていただろう
そのための助けもまた多くもたらされて
これまでの人の世は形づくられてきたものじゃ…

変わりゆくは人の世の見える部分だけであると思うは
浅はかなことじゃな
人の心や魂すら少しずつ変わりゆき
薄く薄く層を成すように向上してゆかねばの…

個々の問題に見えて全体の問題であると気づく者はどれほどおるのか…
楽しみにしていようの…

レミエル
人の心の奥深くには、
誰しも本人がすでに忘れ去ってしまったような傷を抱え
そのことには気がつかずに生きていることも多いだろう

何かが起こった時、
時に触れ、物に触れ、場に触れ
その傷がそっと浮かび上がり、
目の前にある風景に恐れを感じてその歩みを留めてしまう

人は歩みが止まり、どうすれば良いのか
一人で答えを見つけられない時
他の者に尋ねたり、模索したりするだろうね

自分でも忘れてしまった過去の傷は
どんなに時間が経っていても影響を与えつづけてしまう

けれど、自分自身でその傷があったことを思い出し
納得し、心から癒すことができれば
今のあゆみそのものに影響を与えることはなくなる

今を考えるとき、これまでの人生にヒントはなかったのか
考えてみなさい

人が生きてきた道のりには、多くのデータがあり
そこから貴方方は有効な手段を見つけることができるからね
自分の中に眠っているものを掘り起こし、
今に活かしなさい
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.