見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

新しい人生
最近、本当に新しい人生の段階へきたのだな、と思うことがあるのです。
この1年は、いろんな事がありました。
濃縮されたように、本当にいろいろあったのですが
それを超えて、普通の社会人と化した今
これまでのことが、なつかしく感じるのですね

セッション自体も、別に辞める予定はないのですが
昔からのことを思い出し、
しみじみとした気持ちになります。

前の会社にいた優しいおじさん幽霊のこと
おじさんは電気をつけたりして驚かせてきたこと
セッションで、厄介な霊にからまれてケガをしたり、
ありえないような方法で、問題が解決していったり、

そう、思えば天使との出会も懐かしいですね。

現実に進行していると思っていた全てのことが
いったんリセットされて、過去となり
今では遠い昔のように思えます。

苦しいことも嬉しいことも、みな全て
さらさらと砂時計のように過ぎていき
今は、また砂時計をひっくりかえしたところです。

新しい仕事も、早い段階で決まり
以前お伝えしたような鑑定の中止にもならずに済みました。

希望通り、残業控えめなので時間もありますし、
副業として行っていくのを確定申告しても怒られないので
会社に隠す必要もありません。

思えば、これまでもこうしてやってきたのですね

本当に大変な時期というのは、やがて過ぎるとは分かっていても
その時にはそうは思えないものです。
慰めにしか聞こえないでしょう。

1日生きれば、次の1日を生きる
そうやって積み重ねていって、やがて出来るのが自分の人生。
今の現状は、全て積み重ねであったことを
やっと実感できる年齢になったようです。

そういえば、アレルギー
ぶどうがダメってことは、ワインも?と
ちょっと微妙な気分になった今日このごろですが…

この世界で仕事をする人間にはちょっと変わった仕組みで
アレルギーが起こるようです。

そんな話をミカエルとしていましたので
ほんのさわりを。


 * * *


禊は、エネルギーをクリアにするため
断たなくてはいけないものにアレルギーがでる
卵、アルコール、牛肉は食べてはいないけれど体調が悪くなるだろうし
他のもので良くないものは自然と食べるのをやめているはずだ
体と霊体、双方のエネルギーを高く保っておかなければ
相手からのマイナスの気を、自分に磁石のようにくっつけることになる。
反応が出て、ダメだと分かればやめるだろう
血液検査では出ない、そのこと自体がすでに体の問題ではないことを示しているね
一見して反応そのものは、現在研究されている医学と似ているから
うまくつきあうには、それに則るのが適当だろうね
ただ、もっと正しいあるべきエネルギー体を持つことができれば
アレルギーとしての反応はなくなる。人として未来にはね。
貴方個人はそのシステムで自らをエネルギーアップしていく。
システムをつくる最中だから、通常のアレルギーそのものとは
別に考えてもいいだろう。


 * * *


複数の病院で、血液検査・尿検査しても反応がでないのに
毎回、症状だけは出るのです。
そこで食事の前にアレルゲンをブロックして吸収できなくする薬を貰い
エビの試し食いをしてみると…
…あら素敵。全然平気。

そんなわけで、なんかおかしい仕組みと思っていた症状も
わりと諦めがつきました。笑

はまってます…
また?と言われそうですが
残業と休日出勤の合間を縫って、「ミディアム」の5と6にはまってます。

だっておもしろいんだもん…
朝、支度しながら一話、戻って深夜に一話と
生活の合間にみております。
おかげで毎日二時まで起きてるはめに。

アリソンは勇気がありますよね
こういう仕事を公にすることで
逮捕された方の家族や知人から、自分が狙われるかもしれない…
また私生活がメディアにかきみだされるかもしれない…
凄い仕事ですが、それ以上に自分の仕事として
きちんと向き合ってるところに感銘を受けます。

なので、リスペクトの意味で全部見るつもりです。笑

自分が仕事をする場所を、こういう形で与えられた人は
もうそれが天命なんでしょうね
だから、まっとうすることで自分が生かされる。

たぶん、この番組をみている人は
霊能力で捜査をすすめる過程がおもしろくて見てるんでしょうけれど
自分には、尊敬しているから見てるという感じです。

私は、警察がかかわるんじゃないかというような案件は
ほぼ断ってますが、それはそれでいいと思ってもいます。
それほどたいしたことはできないですしね。

天命がある人は、応援したいと思ってます。

過去世リーディングとチャネリング
リーディングとチャネリングの違いについて
以前、書いたことがありましたが
最近、ご質問が届きました。

「チャネリングで、前世を誰かに聞くんですか?」

NOです。
私の場合には主にNO。

と、いうのはハイヤーセルフなどに
「過去生でこういうことをしていたことがあるので
 今、こういうことが起きているのだ」というような感じで聞くときはあります。
ただし、これは例外で過去世リーディングのメニューのときには
聞いてそれを伝える方式ではありません。

貴方の周りにあるオーラへ意識を飛ばし
埋もれている過去世の情報を映像化していって、
映画のようにみていきます。
一番、人生で大事なシーンに意識を向ければ、早送りや巻き戻しができます。笑

最初に出てくるシーンは、その人が人生で一番よく見ていた光景が多く、
普通の風景・住んでいた家の場合にはわりと平凡な人生だったりしますね。
亡くなる間際が最初に見えたりすると、その部分が今生にまで引きずられていたり…

まず最初に何が飛び込んでくるのかでも、結構ポイントが違ってきます。
本人の過去世の中で最も強く影響が残っているものが見えるのでしょう。

リーディングは、クライアントの周囲に意識を向けて「見る」ものなので
全てのチャネラーができるわけではありません。
逆に、過去生が見える方でもチャネリングができるかというとそうでもありません。

別と考えてもらうといいと思います。
わりと一緒に持っている方が多いですけどね。

意識レベルを変えずに、そのまま聞くタイプのチャネラーや
トランス型の人はできない人が多いようです。

こんな風に考えていただければと思います。
チャネリング→接続した相手に話を聞く
リーディング→クライアントの周囲に意識を飛ばして、情報を読み取る
       (守護霊が誰とか、過去世とか、住んでいるところの感じとか様々)

ですので、チャネリングのときに、貴方の部屋が見えたりしません。
リーディングのときに、数年前住んでいた部屋がみえちゃったことがありましたが
それもちょっとした不手際で起こったことで。笑
普通は、顔だとか家とかそういうのは見ませんのでご安心ください。

天之御中主神
ほっほっほほ…

人の世は常に慌ただしく移りゆくものじゃ…
なぜ、移り行くかは人の心次第
人の心が揺れれば、物事が動き、社会が動き
そしてまたその中で生きる人の心も揺れる

文化、地域に根付く生き方が自身に合わぬ者は
他の生き方や土地を求めるものじゃ
それは、今、己のいるところとは合わず
自分に即した生き方をしたいという根源的な欲求にほかならぬのだろう

こと、この日の本の国においても
他の国々とは大きく違う性質がある。
それを受け入れ、自身がその中で過ごしたいと願う他の国々の人の子らもまた
そうしてここにたどり着いた者じゃな…

世間という言葉の、考えの狭さの中へ囚われている限り
なかなか本来の自分をみつけることは難しく
その路があることに気がつくことすら、難しくなるのだろう

今の自分の位置が合わず、苦しいと申すものあらば、
その場所は正しい場所なのかと問うがよい
土地、仕事、家庭、人間関係
こうあるべき、とおもいこむ人の心が
自身で自分の心に鎖をかける、幻想に過ぎぬのよ

かごの中の鳥とは、このことじゃぞ?
違う人生を生きたいと思うのであれば
今の生き方に歪みがあるからこそ、苦しく、そう思うはずよ

それが何であるのかは、己の心が知るところとなる
いくら問題を他の者に委ねても、その苦しさは残るものじゃな

生き方を見つめ直し、思い切った変化を受け入れてゆくことじゃ
こたびの震災だけでなく
個々の人生において、これまでの価値観を変えざるをえない時期は
全ての人々に同じように訪れるだろう
どのような形でやってくるのかは、その者次第であり
抱えている問題でも様変わりするものじゃぞ…

新しき者、変化を受け入れるには人の心は大きく揺れ、
捨てさるべき過去もまた精算されなくてはならないだろうの
人がカルマと呼ぶものは、
そのものの為してきた原因が結果として目前にあるものに過ぎぬ
決して、神や定めのせいにし嘆くことはできぬものじゃ

自身の行いに責任を持ち、正しく生きてゆくならば
道のりは軽く変化も受け入れやすくなろう

人の心がどう変わるかじゃな…
人の心は社会をも変えゆく
長い時の果てに現れるこの国の結果は
今、そなたたちの心のうちにあるものを因として成すことになるのよ
ここまで申せばもう分かろう…

先を見て、信じてゆくことじゃの
今後も個々へのふるいはあるだろうがしかし
その受け止め方如何で結果は変わるということじゃ

その姿は我らも見守るはずじゃ

須佐之男命
久しくあったな

人の世の迷い言、戯れ言などに迷ううちには
己自身の心にあるものなぞ見れぬものよ
人は誰しもが輝く玉の緒を持っているというに
人の言の葉で迷い、本来の自身が見えぬようになってしまうものよ…

自分の心に忠実に生きるというのは、我のことではない
己の信念に基づいて行動し、結果が出たときにそれは分かる
結果がどうあれ、自身の信じたものを心に動いたのならば
大きく育つはずじゃ

私はどうすれば?という問いと持つ者は、そちの門を叩くだろうがしかし
答えは与え過ぎてもならぬ
本人自身が考え、進めるようにすべきじゃな
本当の答えはそこにある
誰しも、心に問えば返ってくる
その後押しをしてほしがるだけのことよ
中には人に決めてもらえば、悪しき結果となったとき
自身の責任を負わずに
心が楽と思うものもあろうな
そういう者でも、安らかに自分を見つめられるように
そっと見守るだけじゃの…
己の為すべき仕事は、ここまでと決めたとき
本人も自立して進める

いつまでも手を取ることばかりが良いことではない
自ら手を離したと、心苦しく思うことはなし
本人の成長のためと分かっていたならば、それは正しい答えとなる
導き手が間違ってはならぬのは
その答えより、どこまで手をとるべきかに尽きる

人が一人で生きるは至難の連続ゆえ
助け合ってこそ生き、感謝できるものじゃの…

ブラック・スワン
  ブラック・スワン



また、映画の話題で恐縮ですが。笑
ナタリー・ポートマンのブラックスワン、二回見てしまいました…
英国王のスピーチも見ましたが、こっちのほうに一票ですね。

28歳のバレリーナ役を演じるナタリーですが
のっけから「純粋な白鳥」を思わせる演出がちりばめられています。
部屋には大きなぬいぐるみ、子供っぽいインテリア、
とても年齢にあってると思えない中学生みたいな下着
白い襟のピンクのコート。

“「黒い鳥」の演技をつかむために努力するかわいいバレリーナ”
という見せ方が延々と続くのですね。
実はそのあたりで、少しだれてました。

本物の黒い鳥が見れるのは、本番の演技一回だけです。
後半一気に高まる緊張感と演技にやられました…

目が点
ナタリー・ポートマン凄すぎで怖いっ

これまでの流れとは一気に変わるあたりで、もう…。
ついついもう一回見ましたよ…



人間、誰しも、正気と狂気の狭間で生きている瞬間があるんでしょう
この人も役に飲まれて、境界が分からなくなったのですね
その過程が、私にはとても興味深いのです。

一線を超える過程、どうして超えてしまったのか
心の深淵を覗き見る瞬間。

思えば、私はいつも深淵をのぞくという行為にずっと惹かれてました
自分の心の底まで、押し込めていたものを
全部開けてしまってからでしょう。

なにが眠っているのか分からない人の心に
たまらない魅力を感じてしまうのです。

見た目も内面もいい人間や、悪い人間には、あまり興味が持てません。
一見すると善人なのに、暗い部分を隠し持っていたり、
悪いヤツだと思っていたのに、本当は純粋な部分があったりと
そういう人に、本当の人間らしさを感じるんですね。

ただの白い鳥なんて、本当はいないんですよ。

アンジェラ
  アンジェラ



邦題はアンジェラですが、元はANGEL-A
なんとなく想像がつきますよね。笑

借金のために自殺しようとした男性は
自分が身投げをする瞬間に、同じ橋から飛び降りた女性を助けるはめになります。

ちびっこい男性と、モデルようなでかい女性の組み合わせはユニーク。笑

でも、なんとなく見ているうちに気がつきます
映像の中でもアンジェラが天使と思わせるギミックが盛り込まれていますから
天使の像と重なるアンジェラの横顔
不思議な方法で手に入れてくるお金

コミカルなやり取りの中に、人生に本当に必要なことを考えるための
琴線に触れる台詞がいくつもでてきます

「いくらあれば幸せになれるの?」
「いいわね、進歩した。本音を言えるようになった」

人生で困ったときに、こんな風に奇妙なやりとりで
自分について考える機会をもらえたら?
なんとなくうらやましい気もしますよね

お金がないから、自殺をしたい人もいれば
お金なんて余っているのに孤独で自殺する人もいる
なにが幸せなんて、本当は誰にも分からないのでしょう。

やがて、アンジェラはとうとうカミングアウトします

「空から落ちた」のだと

「私は天使よ」
「天使が煙草か?」
「いいの、私は不死身だから」

アンジェラは任務が終わるまで、羽を広げて帰ることはできないと言います
それも「貴方がバカだから終わらない」とか言いつつ。
このデカ女天使は、結構キレやすいのも魅力です。

この辺りの心に響くやりとりを感じた後は、
映画を純粋に受け入れてみて見るといいと思います。

人は変わるんですよね、こんな風に助けられながら。
この映画はお気に入りだったのですが
最近、再鑑賞してやっぱりよかったのでレビューします。

プレアデス人
果たして、あんまり良い意図をもっていない宇宙存在は
どのくらいいるものなのか、繋がっちゃってる人の今後、などなど
久しぶりにプレアデス人に聞いてみました。
昔、よく対話をしていた方は、今はそのポジションでないとのことで
よく似ている感覚を持つほかの男性に繋がりました。
コアな部分は、はぐらかして答えてる気がしなくもないです。

 * * *

ディーン

話せる限りで、お話しましょうか?
そもそも人間社会の中に降り立った、宇宙存在の多くは最近ではなく
かつてより、そう大昔から随分とたくさんいたのです。

目的を持ち、自身の使命として降り立った者、
転生を通してやってきた者と様々です。

ですが、あなたが近年気にしていた、
よくない意識を持った宇宙の存在については、
その善悪を人が決めているという現実があります。

宇宙はそのような単純な法則の下で動いてはいないのです
それぞれに目的が異なれば
人への干渉の仕方もまた異なってくるのですよ

貴方の周囲には、幸い近づくことなく
私たちと共にありましたね?
もう貴方はすでにご存知のように、私たちの仲間であった人ですから。

ただし、人の世界には、人によって持ち得る縁もあります。
波動、波長と呼ばれているのは
本人が解消しきれなかった過去のエネルギーを霊体にまとわりつかせ
その同調する部分に、磁石のように惹かれてくる存在があるということなのです。

それは個々の問題であり、
良い、悪いと判断された存在にその責を負わせることはできないでしょう。

私たちは最善を尽くします
ですが、今のこの社会には苦痛も多く
人は救いを必要としているのです。
そのときに人が何を選ぶのかが重要でしょう

誰と通じてしまうのかは、本人にかかる問題であり
広い宇宙に様々な存在や、様々な目的があることは否定できない現実なのです。

自分を見つめ、改革することで、人はやがて導く者と呼ぶ
より高位の者と接触することもできるでしょう。
自分の中の自分という囲いの中に生きるのではなくて
囲いから出れば、世界は無限大なのですから。

貴方の質問にこれで答えきれたでしょうか?

最近の流行?宇宙の霊
ここ数年、妙に増えてきてますよね
タコのような変な姿をしたものから、人間型まで様々な形態を持つ宇宙霊
こと、いかがわしい姿をしたものならすぐにアレ?と思うはずですが
各霊能者さん、それは対応に苦労しているようです。
なにしろ、前例も祓いの方法もなにもなく
手探りで行っているようですから。
神仏の力を借りて、どこかへ連れて行ってもらう方法から
力技で抜き取る方法までいろいろ行われてるようですね。

これ…最近の宇宙へのスピリチュアル的な関心が強くなってから
一層増えてきているのだと思うのです

もともと、戦時中、有名な某氏に憑いていたのは
どうしても宇宙の霊としか思えなかったのです。
その思惑は、地球を混乱させて
いつしか自分たちに有利なほうへもっていこうとしたのではないか
そんな風に思えてなりません。

宇宙には無数の星があり、すでに崩壊してしまったところもあります
そういうところの難民はほかへ移住するわけですが
もちろん、人間のような下等の存在が住むところを狙う人も出てきます
または、通常の霊のフリをして人間に憑き
自分に有利な方向へ導き、その人の人生をも奪います

いずれにしても、人間に善人と悪人がいるのと同じ
そしてどんな人にも両面があるのと同じ
宇宙存在も決して、いいものだけではないのです

宇宙の真実と思える話、自分の知らない星の話
そのほかいろんなことが現象として出るでしょう
でもそれはサニワされてるのでしょうか?

霊や神仏との違い、動物霊ならば例も多いですし
比較的、学びの機会は多いのです

でも、宇宙の存在となると同じ星を名乗っていても
悪意をもってきているものと、善意できているもの
はっきりと違うこともあります。
または、自分の出身星ではなく、ほかの星からのものを名乗ることも。

そういうコアなサニワは、日本でもできる人はホントに少ないでしょうね
ただ、有名なチャネラーでも「…これはちょっと…」と思えるのもあります。

基本的なマトモな存在なら、人間の生活を無視してなにかをさせたり
妙に物理的な現象、言動はないはずです。

ここからはもっと電波になるので、読み飛ばしOKなのですが
日本の場合には、神界が厳重な管理を敷いているので
すぐ上まできていても、地上への侵入は許可制と聞いたことがあります。
それを破って、地上でなにか活動をはじめるのは
そもそもルール破りであり、よくない存在が多いのだと。

元々、人間は見えない存在は見なくてもいいし、聞こえなくてもいいもの
心に隙があるとき、救いの手は誰が差し伸べるのでしょうか?
相手をよくみてからにしませんか?

自分の欲望や霊感欲しさに、動物霊に憑かれたり
見返りを求めるものと知りつつ、その力に未練があって離れられなかったり
人の弱さにつけこむのですよ。

大事な人生なら、目先の欲望を叶えてもらうことより
自分の力で切り開くことを覚えていくほうがどれだけいいかと思うのです
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.