見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

透き通る瞑想
瞑想、瞑想とよくスピ関係では言いますが
実際に瞑想といっても色々あると思います。

その中でもチャネリングに役立つのが誘導瞑想
そして、聞き取れるような状態まで心を穏やかにしてくれるのは
リラクゼーション系の瞑想CDなどです。

強い感情に囚われているときに誘導瞑想のCDでハイヤーセルフに
接触しようとしても難しいことでしょう
そういうときには、リラックスして穏やかな気持ちになれるものがいいと思います。

誘導瞑想で慣れてくると
そこから意識をもっと高次の領域へと引き上げていきますが
これも人によって色々です。
ヒプノ的に階段の方法を使ったり、またはほかのイメージを利用したり。

最近、いいなと思った方法では
・神社
・教会
・星空
の感覚を描き、そこにいるとイメージしてみること

これで意識を引き上げていくことができます

実は自分で知らず知らずにやっていたのですが
同じことを紹介している本があったので

「アリなんだ!」と思ったので紹介してみました。笑

お試しください

伊邪那美命
人はさほどに我らの言の葉を必要とせずとも生きられよう
それぞれの魂の親が見守り育む存在であるものよ

なかなかにして、我らの存在を知る機会もまたなかろう…
こうして伝えるべきは、人は生かされているということの
本質そのものをそれぞれに考えてほしいと願うものである

ときに困難な日もあり、よき日もあろう
人生は春夏秋冬のように変わりゆくものゆえ
自然の姿とはまこと、その中の一部である
ぬしら、そのものと同じ経験は出来ぬものである

変わりゆく季節を思うものもあろう
他人と全く同じであることはない
その変化の中で考え、行動し、時の移り変わる中で
自身にしか出来ぬ経験を探し求めること
探して、探してなお分からぬ時は
その求める過程そのものが、実は目的であるやもしれぬ

それぞれが異なるように
人は皆同じではない
同じに生きることは個性の没落であり
全く何の意味もならぬ

良くも悪くも個性の違う者同士の
ふれあう中で自分を見いだせるもの

自身とは何であったのかそれぞれに投げかける
心中に湧く答え
生きる自身を映す鏡そのものよ

旬のもの
寒~い時期になりました。
でも、そんな時スーパーで野菜を見ていると
「こんなに寒いのによく育ったよなあ」なんて思うわけです。

季節には季節にあった食べ物があり、
そのときどきの旬のものが一番エネルギー豊富なんだそうです。
スピ的な話で、ですよ

見た目が同じ食品でも、旬のものとハウスのものでは
全然違うのだそう
育て方にもよるんでしょうが、やっぱり冬のものは冬に食べたいですよね

今でいうと、かぼちゃとか根野菜とか
ぐっときます。

一方で葉ものはエネルギーが逃げるのが早いです
分散が早いというのでしょうか
冷凍なんかはもう無理ですね。
あれっ?という間に抜けてます…

そんなわけで、最近鑑定が立て込んでいて
エネルギー使い気味の私はせっせと野菜を食べております。

ふと、思うこと
柔らかスピ系の本を読んでいて、よく出てくる…
高次の存在に自身のネガティブな感情を取り去ってくださいとお願いする言葉
よくありますよね

「この悲しみを持ち去ってください」とか
「僻みの感情をぬぐい去ってください」とか

実は私、こういう頼みには、結構反発を覚えます
人間だもの、持っていて当然の感情

痛みも悲しみも全部持っていていい
だから人の痛みが分かる
それでいいと思うのです。

自分で昇華しきる前に、全部持ち去ってください、では
…あとでなにか残るでしょうか?

と、いうわけで天使にインタビューしました。
ミカエルが返事をしてくれました。


 * * *


私たちはね、人の成長を妨げるような願いは
そっとそのまま一部だけを残しておくんだよ
確かに君の言うとおり、それはあって当然のことだからね
そこから学んで、どうしていくのか
感情をナビゲーション代わりに使うことができる。

でもね、中にはそれほど強くない者もいる
それは分かるだろう?
少しだけ手を貸して、痛みを和らげて
そこからまた立ち上がれるようにするだけなのだ
だから、きみの心配は杞憂かもしれないね

全てを高次の存在や私たち天使に依存することはできない
なぜなら、あなた方の人生の舵取りをするのは
それぞれの意思だからだ。

そういう理由はもう分かっていることだと思う
私たちは支え、手を貸す存在であり
貴方の人生の主人公ではないからなのだ。

一人ひとりの成長が、この世界の潜在意識ともいうべき
深い意思に関わり
ひいては多次元の存在がいる世界にもその意識層が感化し
順応しあっていく

そのための意識の引き上げなのだから
目的は個人の救済ではない
個人は個々の魂の勉強のためにきているのだから
その勉強のための苦しみであるならば
どうすればその問題を解く事ができるのか、それを教えることはできる

私たちと、あなた方の関わりというのは
根本的にそういうことなんだよ
君は知っているかもしれないだろうけれど
本当に現実が苦しい人にはなかなか受け入れることができない

私たちを苦しみから全て救ってくれるそういう絶対的な存在として
あがめてしまうこともあるだろう

…でも、それはあなた方の本当の意味での救済にはならないのだよ
だから、私たちは貴方という人間を通して
人と人が問題を解決しあう様子やシステムを進めていく

繋がる本
これまでに読んだスピ系の本で、自動的に繋がるものもあったりしました…
読んでいるだけで、相手方のエネルギーに接続しちゃうんですね。

二冊、とくに強く感じたのですが
一冊目は宇宙のあんまりよろしくない系エネルギーでした。
寒気とピリピリ感でかなり印象が悪かったです。

もう一冊はチャネリングの教習本

コレ



オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法


ゆったりと座って、リラックスしながら読んでいると
もうぐわんぐわんエネルギーダウンロードというか
つながりが開始してしまいました…

とはいえ、チャネリングする気はなく
本を読みたいだけなんだよ!!
と、いう感じだったので工夫して読了。

立ったまま、壁にもたれて読みましたよ、ええ

かなり強かったのですが、自動的に自分で接続しているとなると
本当は面倒です。
ブログやサイトなどでも、読み込んでいると繋がりますが
別に繋がらなくてもいいのになあ、とちょっと…

内容としては、チャネリングを知るのにちょうどいい本なので
ついでに紹介しておきますね。
自習は個人的におすすめしていませんが、それでも自習したい方には
分かりやすい内容です。
これに市販のヒプノセラピーのCDでも買って練習すると
資質のある方なら、チャネリングできると思います。

…誰と繋がっているか、見分ける目を養う練習も必要ですけどね。笑

伊邪那美命
人の心はわからぬと申すが、さて如何様に
自身の心を映し出す手段を得るのかが肝要である
さもしい心、醜い心、そのものは汚れた鏡同様
なにも映し出しはせぬもの

そのよう、自身の中を研ぎ澄ますには
常に向上心を持ち、磨き、
人に顔向けできぬ後ろめたい事は一切せぬことじゃな
誰が知るでもない
己の心に成したことは刻まれてゆくものなのだ
人が見ていないところででも
どう生きているか充分に自身で考えるのも
大切なことである

尊い命と知るものは、他人も自身も
祖末にすることはなかろうな
ただひとつの尊重されるべき命、魂であることを深く理解できた時に
人を愛し、尊敬する心が生まれる

愛情が生まれるのは、自己愛の鏡としてのものなのか
あるいは真に一人の人間として尊重できるのか
そこが分かれ道じゃ

だれそれと、どうこうなどという世間の世迷い言に多く耳を傾けていると
忘れがちにもなろう

一人ひとりが「人」なのじゃな
自身を反映させる鏡は相手なのか
あるいは自身のまわりに自然に集った善き心の人間であるのかということ

心を見れば一目瞭然であるぞよ

選択肢
昨年の春の終わり頃だったろうか
ラファリンが言った
あることで悩んでいる時だった。

ラ「君には選択肢がふたつある。それを選べるんだよ」と

最初の選択肢がなにか、その時には分からなかった
目先の小さなことを選択するのかとばかり思っていた。

でも、今なら分かる
去年、とても大きな選択肢が目の前にあったのだ

その選択は自分のことだけではないので
熟慮の上に次の選択肢へ行くことにしたのだった
簡単に言うと、自分のことで精一杯で
とても最初の選択肢を進む余裕がなかった。

だから、だったのだろう
最初の選択肢を選ぼうとした時期に

ラ「本当にそれでいいの?」

と、問われていた

その時点で次の選択肢は、出直して就職したときに見つかると言われていた
あのときは、ひどく遠い地点に感じたものだが
今は、そこを目指して進んでいた。

なんだか不思議な感じがする

言われているときには理解できなくても
後になって振り返れば、なんのことだったのか分かる

こうして、人生は選択の繰り返しで出来ているんだろう
次の展開はどうなっていくんだろうか
それはそれで、そのときに気がつくことになるんだろうな、と。

初詣
110118神田神社


今年の初詣は、またしても神田さんです。
ちょっと人出が少なくなった頃にいってきましたよ~
携帯なので、写真が汚いのはご愛嬌

毎回、神社にお参りすると
ものすごく背中が熱くなります。
今回も凄かったですね…
温かく迎えていただいているというか
熱いんですよ…

これまで所有していたお守りをお返しし(別の神社のだけど)
新しいものを購入
たくさんある中で、とくに細部は見ずに
ざーーーっと流し見して、目に留ったものだけを買います

う、去年のと同じだ…

思い起こせば、一昨年も昨年も12月末というのは
念障に苦しめられてました。笑
一昨年の年末に買った分は、友人の元へ行きましたが
今年のはきっと私の役に立ってくれるでしょう

ホントにこの神社はいつ来ても、懐が広く
力強いので好きですね

生き霊に憑かれたとき、お参りして一瞬でとれたあの感動も…
会社のベランダで喫煙しているときに聞こえた声も…

今ではすっかりいい思い出になりました
新しい思い出を作れるように、今年も頑張ります。

お仕事探し
さて、私は学生のうちにアカデミック版のCS5を購入したわけですが
早速それで履歴書や職務経歴書などを作ってみました
…時代の変化は早いですね…
CS3を使っていたのは、つい最近のことだったのに
CS5はこんなに変わってるし…
もうほとんどのアプリケーションがWEBに使えるようになってきてました。

そんなことをつぶやきつつ
ついでに応募先を物色していると…

あら、この会社、昔私が作った検定テキストに関連した会社だわ…
しかも、その検定の内容が面白くて
初級だけでも受けようと勉強していたところだったのです。
まさかの法律系の検定ですが、まあわりと簡単そう。

そこで、勢いで応募しようと準備していると
なんか手が進まない
すっごく気に入ってるのになんかポチっといけない…
サイトを確認してみると、なんか違和感

そこでタバコを吸ってから考えることに。

やっぱりの天使の声

ミ「あの会社に応募するのはやめておいたほうがいい
  あそこで必要としているのは、貴方がしようと思っていることと違うし
  この先貴方を生かすことができない
  それに、ほかの道がある
  だから、もう少し待ってほしい
  絶対に大丈夫、安心していいから、今回は見送ってほしい」

めずらしい。こんなに具体的に言ってくるなんて

直後に鑑定の仕事をはじめるときに再び

ミ「応募はもうすこし待って、今は学校の制作だけに集中してほしい
  大丈夫だから」

私「これは私のサボリ心が妄想してないだろうね…?」

ミ「貴方は何年、この鑑定の仕事をしてきた?」

私「三年」

ミ「他の人へは自信をもって鑑定を断言して伝えることができるのに
  自分の事についても、もう自分を信用してもいい頃だ」

私「わかった…」


珍しいこともあるもんですが、
こういう風に急にストップがかかるときに逆らうとろくな事にならないのです
なので、まれに言われたときには従って見ます。

まあ、今は制作で一杯いっぱいなんですけどね…

感情の制御について
これまで何度か書きましたが、
先日「西の魔女が死んだ」をレビューしたときに必要そうだと思いましたので…

憎しみや怒りに囚われると、
正常な判断ができなくなります。
またいつもは聞こえるはずの高次の存在の声も聞きにくいでしょう

そういうときにはまず深呼吸
そして、外に出て、空を流れる雲を延々を眺めるのです。
ほんの少し環境を変えて違う空気を吸い
流れる雲のように、感情を流してみるとすっきりします。
繰り返すうちに、だんだんできるようになっていきますので
何度もやってみてください。

次に新しい気持ちで問題について考えます。
または相手について考えるのです。

第三者の目線で、客観的に見てみると
自分にも非があることが分かるかもしれません。
それを修正すればいいのです。

または、憎いと思っていただけの相手にも
長所があり、そして短所があるだけと分かるかもしれません。
誰にでも長所があり、それは貴方にとっても同じことです。
今は、相手の短所しか見えていないのです。
どちらも存在し、認められるようになると
相手そのものを許容できるようになります。

相手を許容できれば、行為について冷静に考えて
対応できます。

結局はみな、誰しも不完全なのです
だから、短所だけを見る必要はないのです。
そこだけに注目して、ずっと怒りを貯めているのも不健康です。

そうして、新しい目で見られるようになると、どうなるでしょう

…そういう人との巡り会いはびっくりするほど減ります
 または相手が急な転勤などでいなくなるのです。

私も経験したことがありますが、本当に不思議でした。
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.