見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

挫折を知ること
以前、一緒に仕事をしていた営業担当さんは
誰がどう見てもイケメンだった…
まあ、すっごく若いのでそういう気にはならないのだけど。笑


なにしろ、新卒入社で最初の仕事が
私の担当だったもので、右も左も分からない状態…
しかも、上司は面倒を見る気はない様子。

しかし、数々の新人君の中でも
このイケメンはビックリするぐらい素直で勉強家だった。
「わからないので、教えてください」
「こういう提案をしたいんですが大丈夫ですか?」
「こういうのって、どういう風にデータをつくってるんですか?」
……この手のまじめで熱心なのはこれまでお目にかかれなかったのだ。

どうも、本人には夢があるので
現在の職場で学び、ステップアップしたいらしい。

私も、それに応えてそれまではしなかった教え方で、あれこれ仕込んだ。

営業が聞かなくてはいけないポイントとか
交渉の仕方
そして交渉できなかったときに、どれだけ見積もりがあがるか
自分の営業利益はどのぐらいになっていくか…
クライアントがどうして、こういう修正を入れたのか
その心のうちを探ってこい、と。
ただのお使いじゃ、5年後に明らかな違いになってくるよ、と

そして、それまでは自分で電話して確認していたことを
イケメンにやってもらうようにしてみた。

…最初は3回連続で忘れてきたりして、私に小言を言われると
みるも無惨な落ち込み方をしていたけど…。


たぶん、これまでの人生で挫折を経験していないんだな…と思った。
おそらく浪人も留年もしてないし、
こっぴどい失恋すらしていない感じがする。
と、いうか、かわいがられて育った子なんだと思った。
だから、いつもほめられてないと挫折感でいっぱいになる。


後のち社会で苦しい目に遭うな、と思った。
今はまだ新人だからよくても、あとで心が折れるかもしれないと。

そんなのがチラチラ垣間見える

その後も、鍛え続けていくうちに、
いつのまにか相談役にされ
個人的なこととか転職の相談、パソコンの選び方まで打ち合わせで話した。
時には会社の愚痴も。笑
私は、どこにいっても相談される側になることが多い…

この頃から、はっと気がつくと
いつの間にか勝手に紫音モードに入ってしまう時があって


「いや…今は基本的なものを培う時期だから、この会社だね…
 自分で思っているよりも、上の人の評価は悪くないと思うよ?
 あと…本気で転職するなら再来年ぐらいを目処にしてごらん?」


って、平気でいってしまう自分に背筋が凍った。
絶対、霊感つかって返事してました。
でも、気がついてないからいいや。

こんなことがたびたびあると、いつかバレそうだと気が気で無いものの
真剣に相談されると、紫音さんがでてきてしまうので止めようがありません。
どう表現していいかわかりませんが…

のち、イケメンはその時期に転職を果たしました。


いま思うに、なんかこう…
むこうの守護霊さんとかに頼まれていた感じがするときがあるのだ。
だから、気がつくと鑑定モードに入っていたような。
それでも本人の努力と真剣さがあったからこそだったのだろう。

でもいいんです。いくら使われても。

私もただ「忙しい」と言わずに、
こうして向き合うことで、せっかく縁あった人たちに力を貸し
時には助けてもらえるようになるんだと、教えてもらったから。
やっと、人と真剣に向き合うことの楽しさを覚えた。


それに…
鑑定代がわりに和菓子買いにいかせたから。笑

天之御中主神
ほっほっほ…

世の中というものは、心の内を反映する
こころがそのまま現世となるのか?
いや、それだけではなく
心次第で、如何様にも変わって見え
心に返るものもまた違ってくるのじゃ…

不平、不満を胸に抱いて
常に世をそのような目で見ているものにとっては
世の中の美しい一理は見えぬ
気がつくことなく、不満の相手ばかりを見いだしてしまうだろうの

心が変われば、感謝の念があればじゃ
ありのままの姿の世相が見えてくる
一方的に好かぬと思っていた人の中にも
一条の真実の光があることに気づくはずじゃ…

すべて、そのような目で見られるのならば
世界は変わって見え
自身にも同じものがあることに気づくはず

一人ひとりが、かけがえなく
この世界にいることには意味があるものよ

自分の内に平があれば、世界がかわってゆくというのは
文字通り変わってゆける…
これまでとは違った様であることに気づくということじゃ

さて…食べるということを通して学んだだろう…
その新しい世界観を持って見渡すがよい

ほっほほ

ブレスの修理、完了しました
ある日、クライアントさんからブレス修理の依頼がきました。
なんでも「水晶がふたつ無くなってしまったので」ということ。
おそらくワイヤーが切れて、水晶だけ紛失したのだろうと思っていたのです

ところが…

修理のために届いたブレス、壊れてない。
ワイヤーもきっちりしているし、金具も健在

「ん…壊れてないけどねえ」

けれど、石がワイヤーを行ったりきたり。
かなりゆるくなっている。

「あれぇ?メインの石の脇にあった水晶がない…
 ワイヤーが切れてないのになんでだ?」

ブレスから石がふたつ消えてるのです。


この場合
1)それだけ割れ落ちた
2)消えた

が考えられますが、まさか2じゃないだろうと確認してみることに


彼女の守護霊さんに聞いてみました。

守「あれはね、大分厄を吸い込んでたから、自分で消えたのよ」

私「消えた…って」

守「大事にしていたから、背負ってくれた」

ちょっと、そのまま言うと電波がすぎるので
クライアントさんには、もっと水で薄めた表現で伝えました。

しかしながら、その無くなった石は
メインの花カットの石の脇にある小さな4mm水晶が二個なのです。
さらにその先は8mmのアクアマリン

つまり、大きい石に挟まれた小さい石2つだけが
衝撃で割れるというのは考えにくく
まして2つとも割れて落ちるぐらいなら、
確実に両脇の石も傷がついているはず。

ルーペで確認しても、傷らしい傷はありません。
花の石は水晶より柔らかいのに…



ん…、修理するために石をひとつずつ触っていっても
全体にかなり元気

「どう考えても、触ってると“消失”って言葉が頭をぐるぐるする…」


後日、クライアントさんからメールで聞いたのです。
そのときの心理状態を。
やっぱり、水晶が吸い込みすぎたんだな、と思いました。

小さかったがゆえに容量を超えてしまい
自分から去ったようなのです。

たぶん、自ら割れて落ちたか、いきなり消えたか。
どっちにしても不思議なブレスでした。


実は水晶はそういうことがある石で、ほかでもこの事例を見た事があります。
消えた石は、後日、サイズを変えて別の場所から出てきたと。
まあ、普通なら「勘違いでしょ」という場面ですが
そのとき、私は

「見えない存在が、彼女(石屋をやっている)の石を借りていって
 あとで返した」

と、こっそり聞いてたのですよ。


それにしても、修理しているときに
すごく大事にされてたブレスというのが伝わってきたので
石もそんな彼女の力になってくれたんだな、と思いました。

夢の街 続編
以前、こんな記事を書いたことがある。
http://purplelily.blog84.fc2.com/blog-entry-601.html

夢の街の話


この街は、今となっては予想がつくのだが
たぶん幽界にあるひとつの世界なんだと思う。

街の様子は全て30年か40年ぐらい前になり
駅前にコンビニなどは存在していない。
そして、電車も車両が古く、田舎で見かけるような4人向き合う形の座席
街を走る車もやはり古く、
サイドミラーではなくフェンダーミラーがついているものばかり。
(ボンネットの前のほうについているやつ)
女子高生なんかはセーラー服に、おさげですよ。笑

そして、日と夜という区別はあるものの
太陽の位置があいまいで、季節もはっきりしない。
常に春のような気持ちのいい世界なのに
観光名所へいくと、「紅葉が美しい」とか「海で泳げる」とか
それぞれに一番合った季節で存在しているようなのだ。


 * * *


8年ほど前、気がついたらこの街でローカル線にのっていたことがある。
隣の車両には人がいるものの、その車両にはふたりだけ。

私は、そのもうひとりの人を見て
現実世界では感じたことがないような、懐かしさで胸がいっぱいになった。
確かに知っているはずなのに、顔は見た事はない。
でも、懐かしい。
言葉が出ないぐらい懐かしいという感覚は分かるだろうか?

その人は、乗車口に立って風景を眺めていた私の後ろから近づき
ぎゅーっと抱きしめながら、なにか大事なことを言った。
この言葉だけが記憶から抜け落ちている…
でも、非常に大事なことだったのは分かる。

そして、その人と途中下車をして滝を見に行った。
燃えるような赤い紅葉のトンネルの先に、涼しげな滝

駅舎は木造で、改札にむかって少し傾斜する部分は
木の廊下になっていた。
歩くと、バタバタ音がする。
アイボリーのペンキがほどよく落ちた古い駅舎を今でも覚えている。

それから、電車で小一時間かけて元の街に戻った。
駐車場へ向かい、そこで乗った車は、これまた古い車のアルト
紺色のシートはビニールっぽい、はりつくような感触だった。

車でどこかへ向かう途中、Y路になった道を見て、ふと思い出す。
この街は、もう数えきれないぐらい来ているはずだ、と。


 * * *


あれから、かなりの年月が経ったけれど
これほどはっきり覚えている夢はほかにない。

昔から、夢があまりにリアルすぎて
現実の思い出だったのか、夢だったのか自分でもわからない記憶があった。

この夢のローカル線にはその後もときどき乗っている。
単線なので、途中駅で40分ほど止まるときがあるのだが
みな、自由に電車をおりて、思い思いに過ごしている。
ただ、今だに駅のまわりになにもないのでやることがないけど。笑



あの夢で会った人は一体なんだったのだろうと思う
あまりにリアルで、抱きしめられた感覚も、触った水の感触も
車のシートの手触りも現実のもののようだった。
夢を見てから、数日ははっきりその感触が体感で残っていたぐらいだったので
あの頃は、霊のいたずらかと思ってビビっていた
でも、いまなら分かるのだが、あれは悪い霊の波長じゃない。
起きた瞬間の感覚が全く違う。

…これだけは、どう考えてもいまだに分からない謎だ。

友がみな我よりえらく見える日は
  友がみな我よりえらく見える日は


まるで、アパートの隣人の生活を覗き見ているような
妙な感覚がある本でした。


大けがをした友人
容姿ゆえに46歳まで誰ともつきあったことのない女性の話
ホームレスの物語
登校拒否になった男の子
テレクラにはまった旦那との別れの物語
芥川賞作家のその後
職人気質の50代独身女性
父子家庭
女性のタクシードライバーの身の上話
離婚した男たちの家事の風景
悩みながらも女優を目指し、答えを探していく女性
うつ病で大きな挫折を経験し、立ち上がった青年
離婚後の人生
リストラ


ノンフィクションの強みですよね
一つ一つの出来事は、どこにでもあるテーマ
なのに、人それぞれの彩りの中で物語が淡々と進められていきます。

でも、誰も絶望してはいません。
どんな状況でも、ふっと自尊心を取り戻すための
自分なりの哲学を見つけ、そして生きています。

崖から下を眺めるような気持ちになったときでも
同じ空のどこかで、この本にあるような誰かの人生は続くのでしょう

自分にとっての誰かのリアリティは、
それと同時に、自分の人生すらほかの誰かのための物語になるのが
この無名性に埋もれた都心の町

今ではブログやSNSなどで簡単に見られる他人の人生ですが
ネット社会からも切り離された残りの部分に、
こんな風に生きている人がいるんだな、と。

生きるスキルが低すぎる最近の日本人ですが
時々、ほかの人の生き方から学ぶのもいいんじゃないかと思うのです

産活にいい石
最近は、産活っていうのも流行っているんですね…
そこで、前回の婚活に引き続きまして
パワーストーンの紹介です。

…ただ、これも人と石の相性で随分変わりますので
参考程度にして自分の直感で選んでみてくださいね




●主にボディ系のサポート用

オレンジガーネット
肉体のエネルギーを高める石です
エネルギーの循環をよくしますので、もちろん精神面の強化も図れます
第二チャクラに対応する石ですので生殖器関係の問題にも。


カーネリアン(レッドジャスパー)
こちらも肉体のエネルギーに関与する石ですが、
ホルモンのバランスを取ったり、安定を図ることにも長けています。
セックスに関心のなくなった時に使える石ですので
男性にもおすすめです


ブラッドストーン
肉体面に作用する石です。
エネルギー不足な時、どこのチャクラが弱いかでこの石の使いどころが決まりますが
この石は、血の巡りに関するものを担っています。
生理痛、貧血、それに伴う活力不足を補うときに



●メンタル系のサポート

ローズクォーツ
気持ちを穏やかにほぐしてくれます
焦っている、ひがんだりしてしまう、自分を卑下してしまう
そういうときに、メンタル面のサポートをしてくれます


ムーンストーン
女性にまつわる問題にムーンストーンは万能選手です
感情面に働きかけたり、ホルモンバランスを整えたり
夫婦間の気持ちを繋ぐ役目も果たしてくれます


パール
淡水パールやマザーオブパールもOK
母性を高めるためのサポートをしてくれます



●運気に関するもの

ブラウンルチル、レッドルチル
あかっぽいルチルは、生命に関する運気の好転に力を貸します。
病気がちな時、不妊などに。
これとボディ系のサポート石をあわせるといいと思います
カートのブレスには産活と書いていませんが、実は向いていると思います


インカローズ
気を活性化させる効果が強いのですが、
ロマンスや情熱を再び与えてくれます。

食べるもの
この記事はブロとものみ閲覧できます

難しい問題
セッションで、お金に関する案件依頼がきた。
元彼に貸したお金を回収したいのだ、と。
それはスピリチュアルで解決する問題ではなく、
別のところに相談する問題ですよ?と返事をした。

でも
相談できる友人がいない
携帯しかないので、相談できるところを探せない
というので、記事にすることを引きかえに相談にのった。


ただ、ちょっと疑問だったのは
どうして自分で解決しなくてはいけない現実問題を
私のような立場の人間に、どうしてもと相談したのだろう?


…ああ、そうか
問題は同じなのか…じゃあ、やっぱりうちにきて良かったのかも…



彼女はお金を貸してほしいといわれたのではなく
金に困っていた彼氏を見かねて、自分から代わりに払うと言ったのだそうだ。
借金のため生活費はギリギリ、アパートの契約更新料が支払えない状況だったらしい。

どうしようもない理由でつくった借金は、
本来なら、本人に返済させるのが一番。
さらにその借金が原因で、更新料を払えないのならそれも払う必要なんてない。
苦労しないとその癖は治らないし、自力で解決できない人になってしまう
手の貸し方が違うのだ。
それに、お金を貸すときにはあげるつもりでないと難しい

“ここまで貴方のために尽くせる私”
“こうやって貴方を信頼しているのよ”
“同じ分だけ愛情を返してくれるはず”
“お金の面倒まで見る人なんて私のほかにいる?”

そんな気持ちがちらちら見える。


でもね、それは愛情をお金で買おうとしているだけなのではないか、と

本当に貸さないとダメになっていたのか
本人に仕事をまわすなどして、稼がせることはできなかったのか
本当に?本当にそれ以外の選択肢はなかったのかと聞くと

「よくよく考えてみれば、ほかにもできたはず」


お金を支払うことで、自分の犠牲を提供し
相手からの愛情を見返りに求めてしまったのだ
それも無意識に。

だから、まったく別の理由でフラれたにも関わらず
見返りがなかったことに激怒してしまった…
そして、自分から払ったはずのお金も
いつの間にか「騙された。詐欺にあった!」と脳内変換される。


それじゃあ、幸せにはなれないよ。
自分にないものを他人に提供してもらおうとして、
お金という犠牲を自分から払ったけど、
それは最初から一人相撲だったのだから。

そんな打算で続けようと思った関係は
やっぱり打算で破局を迎える。

彼氏は、お金を持ってる尽くし屋さんのおねえさんより
もっと若くてかわいい子に乗り換えた。

他人の目から見れば、ふたりは似ている。
でも、それが自分で理解できないとまた似たような男を捕まえてしまうだろう


私にセッション料金を支払えば、魔法のように解決してくれると
自分で思い込んでいた彼女
復縁したかったのだろう。
金という縁を引っ張って、引っ張って、また連絡を取るつもりだったはず

でも私は断った
お金を入れれば、都合のいい答えがでてくる自動販売機じゃありません。と

その後、私は自分が90万ほど詐欺られた時の話をし
彼女にも今回は勉強代だと思ってもらうことにした。

私の話を聞いた彼女は笑っていた。それでいい。
「紫音さんですら、そんなに損してたんですね」

ええ、みんなそうやって学習していくんですよ…笑

天之御中主神
ほっほほ

そうそうには、人の世、物事は動きませぬぞ?
先々が見えておる者の常として
結果ばかりを気にし、その過程を忘れてしまうものよ…
それがどういうことか、己でしっかりと理解せねばならぬ

今の自身の状況より
先を読むこと
そこに至るまでの努力について
そこに何があるべきなのかを知ることだろう
なになに、すべて無駄なことはないと申したはずであろう?

さすれば人々の先を見る目もしっかりと定まり
必要なことのみを告げ、
必要でないことは己の胸の内にとどめておくことを理解できるだろう
見えるもの、知れることの全てを言うてはならぬのじゃ…
使い道次第よ…

覚えることも山ほどあろうが、自身の体験から汲み取ったものであるなら
永久に覚えておろう

人が先を知りたがるのは、当然のことじゃ
不安は常に人の目を曇らせる


さてさて、それで何を理解したのかじゃ…


(先を見たとき、その結果にこだわって過程をないがしろにしてしまうこと
 過程にあった努力の積み重ねを忘れて、結果だけを見てしまうことでしょうか?)


人にそれを同じことをさせてはならぬ
そうならぬように力を使うのが正しいのじゃな

先を見、ただ当てるだけのつまらぬ余興にしてはならぬぞ
余興は余興にすぎぬ

その正しい使い方を学ぶまでは
自身の課題もまた終了とはならぬ
結果を急ぐなとは、もう申した事じゃな…

ほっほほ…

道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる
  道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる


誰でも「ああ、疲れたなあ」「どうしてこんなことになったんだろう」
と、不運を嘆きたくなるときがあると思います。

そんなとき、スピリチュアル本では「感謝しなさい」とよく言われますね
でも、ただ感謝しろと言われても
目の前の現状を見ると、そんなきれいごとはうんざり…

この本ではそういうときに
丁寧に心の切り替えをはかってくれます

本当に当たり前のことだと思っていたのに
改めて言われると、はっとするものです



不平不満は他人に期待しすぎているから

すべての人に仏性が備わり、仏なのだから
その仏を支える食事は「御飯」「御味噌汁」「おかず」と御をつけて呼ばれている

幸福を外に求めない

自分にないものは求めない

頭の中だけで物を考えて、その深みにはまって苦しんでいる自分を
たまにはすっぽりと忘れてみたらどうか



分かりやすく項目ごとに書かれています
100の項目から成る本ですが、ヒットする項目は絶対に見つかるはずです

私としては久々に役に立つ本を買った気がします。
平坦な言葉で書かれているので、簡単に読み切れます。
その後、気になった項目だけを読み返すといいですよ
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.