見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

【自分ウェイクアップ】日本の神様8
ご本尊に繋がってから、昼間チャネリングできる時を見計らって
何度かお話していたある日…(後日UP)

「本当は私も産土様から順を追って、大神宮にお参りすべきだったな…
 失礼なことしちゃったな…」とまた反省していた。


翌日、軽く滅入る朝、川沿いの寒々しい路を駅まで歩いていた。
すると…男の声

 『聞こえるか?』
紫「いいえ」(←びっくりして返事しちゃった)
 『聞こえてるな?』
紫「聞こえませんよ」
 『あまり気にせんでいいぞ。知っておるからな』
紫「え?誰ですか?」
 『産土じゃ』
紫「………(妖怪か?)」
紫「どこの社ですか?」
 『○○駅行きのバスを途中で降りろ』&『□□1丁目』
紫「(ここで△△高校とその近くの画像をキャッチ)」
紫「へえ」
 『別にこんでもいいぞ。そこいらじゅうにおるからな』
紫「分かった」

ネットで調べたら
○○駅行きのバスを△△高校前で降りると本当に神社があった。
本気で知らなかった、マズい。
□□1丁目は調査中。



◆結局、朝の川沿いの声は、本当に産土神だったことが判明したのだが…

○産土殿はお爺の神様です(笑)
○長老格ですね・・・・そして、口うるさい御仁です。(爆)
○丁重に挨拶をして、話して下さい。

妙に笑ってる感じのメールが先生からきたわけだ…。

【自分ウェイクアップ】日本の神様7
1月19日、落ち着いたので昼間にチャネリング開始

「豊受の神さま、いらっしゃいますか」
『はい、おりますぞ、ほほ』
「先日は、聞いてはいけない質問をしてすみませんでした」
『まだまだよのう、そちもこれからじゃ
 先は長いが、ゆっくりと精進せよ』
「はい、なんかここ数日カラス天狗にもだまされました
 ホントまだまだですね」
『使いの鳥がついていったのう
 いい小手調べになったのう、ほほほ』
「へんなカラスでした。なんかオヤジくさいというか…」
『あれらは人にちょっかいを出して遊んでおるわ
 真の神の使いとはちょっと違うからの』
「天狗とか河童は闇の精霊と聞いたことがあります…」
『闇も光もないわ。
 ただ、役割の違いがあるだけよ、そなたもそろそろ気付いていい頃じゃ…』
「実は御霊の件で、何を思い出すのかまだわかりません」
『そち、御霊とはの、神界に預けた魂の一部と聞いただろう?』
「はい、いつ預けたんでしょう…」
『もちろん生まれてくる前に決まっておるわ
 そちが何のためのものか思い出せたら、
 色々と繋がりパズルのようにピタリと、自分と己の為すこともわかるであろう』
「はい、わかりました
 それから神道の本も読んで勉強しています」
「それでは、今日はお話いただきましてありがとうございました」
『またきたれよ』



……今度はご本尊に繋がってるということでした。
なんでもやはりカラス天狗の一件は、“神様のお試し”だったようです。
何度か試される、そして心の動きを全てモニターされるよ、と。
上々の出だしということでほんのり安心。

何度か試されると聞いて、
紫音「まさかまた妖怪じゃないよね…。妖怪大辞典買うかな…
   いや、続けてはないだろう…、と思いきや不意打ちでまた妖怪とか…」
  「妖怪大辞典で、おば天が大爆笑してるよ…」

これ以降は、一応つつがなくチャネリングは進行しています…
今のところ。
精進いたしまする。ボチボチ報告します。

【自分ウェイクアップ】日本の神様6
なんか、あの図々しい感じと粘着な感じ…
犬に吠えられる…

もしや、あの天狗では???


閃いたときから、17日の昼すぎまでずっと
ふと気がゆるむと天狗のイメージ画像を受信していた。

意識を向けると話しかけてくる
「ワシがついてやろうか?霊能力がほしいだろう?(←超いらない)
 昨日、守護霊と話したろう、ワシがいないと話せなくなるぞ?」
「話せなくなっても、いるのは知ってるし信頼してるから
 あんたはいなくていいよ。」

画像送信は何回か続いた…

やばいな、と思っておば天に

 紫 「ねえ、あれなんなんだろう。アレかな」
おば天「先生に聞いてみな、おしえてくれるから」

レミエルにまで相談だ

「昨日からの異変は?」
『彼の正体は間もなくわかる
 いたずらに心配する必要はないが
 これも、これからのための勉強だな
 少し気をひきしめていなさい
 心から解放しっぱなしではダメだ
 ある程度、しめるところはしめていって。
 あまりにおかしいことはさせないよ。守るよ』
「もしかして黒いアレかな…」
『先生の返事を待っていなさい
 もう一度トライして。大丈夫だから』
「やってみるよ
 なんだかアレの気がしてさ…私が呼んだのかな…」
『隙があれば、いろんなのが来る
 これまで経験しなかったからね
 これもある意味、温情だな。この程度ならね』(←誰の温情?)
「じゃ、引き続き警備よろしく」
『了解』
つづきを表示

【自分ウェイクアップ】日本の神様5
16日、東京大神宮へ謝罪参りをしに。
仕事の打ち合わせの帰りに寄ってみた。

その日の夜、
帰宅帰りに、犬が歯をむき出して吠えていた。なんか嫌な悪寒が。
そして自宅で、お仕事用のハイヤーセルフチャネリングをはじめようとしたところ
割り込んでくる声があった。
姿は見せないのに、声だけが異常にはっきりと聞こえてくる。

【自分の中の近さを指数にしてみる】
守護霊のおば天 1
今回の声    1.5 ←ココ
ガイドの天使  3
プレアデス   4
先日の神界の時 7

近すぎる。距離が守護霊さんと天使さんの間ぐらいだ。
この指数はたぶん、3次元に近い&物理的に近いほど少ない数字なのかな。

夜間は神界とのチャネリングは禁止されているのだが
でも無視できないので聞いてみた。
女性の声だった


『われの声が聞こえるか?』
「はい」
『今日はよくきたな、ほほ』
「申し訳ありませんでした
 お作法もしらず…」
『形だけのものよ
 だけれど、本当に必要な神事もあるぞ
 書物もあるよな?勉強されよ』
「はい、よく読んで頑張ります」
『ほほほ』


これは、結局このときは何者か不明。でもおかしい…
この後も何度も「わらわは…」と話しかけてくる
上下関係の厳しい日本神界の方がこんなに話しかけてくるだろうか???

そして、夢の中にまで。
全く関連のない夢の中に、大音響で雅楽が流れてくる。
「あ。今見てのは夢か…、でもこの音楽はなんだろう…」
「起きた方がいいかな、いいや眠いし…なかったことにしよ」

17日朝、先生から
「夜間はだめですよ、こういうときには名前を聞きましょう」ときた

やっぱりご本尊ではない。

番組の途中ですが、カラス天狗の話
15日、あるところで変わったものを見た。
肉眼ではなくビジョンの中でだが…

デカイ

大きさは、チビ天使さんの3倍はある。


真っ黒な顔
黒いくちばし
黒の平べったい小さな烏帽子のようなものを被り
着物姿
ボンボンがいくつかついたものを衿に掛けている…
パフスリーブみたいなズボン

こ、これは…

はじめて見る天狗ってやつね…
ゲゲゲの鬼太郎好きとしては、これはカラス天狗ってやつだなとなんとなく理解
大きな天狗の下で働く天狗

正直いって、これ護りについているのか憑いているのかわからない。
珍しいものを見てしまったな、と思い、ジロジロ観察していた。

昔、好きで拝見していた「河童日記」でも出てきたわ〜
私が見ていたのは、本当にオーソドックスなスタイル。

http://furusato.sanin.jp/photolib/yonago-cci/1081.jpg

まさにこれ。
着物の色はチャコールという感じでしょうか。


びっくりしたよ

【自分ウェイクアップ】日本の神様4
先日のチャネリングで自分の勉強不足にめちゃくちゃ反省したので
早速、昼休みに本屋へ行き、神道の本をゲット。

最初は、「いきなり大人向けの本は難しいな」と思い
「ここはひとつ、子供に買うふりでも装って子供用・神界の本でも買うか…」
と子供本売場へ向かった。

ヤバかった。星の本とか水木しげるの妖怪大図鑑とかドラえもんの日本史の本とか
もう、もう買ってしまいそう。
イギリス庭園の本は買ってしまったけどね。

心を入れ替えて、ちゃんと大人向けの神界の本2冊と
お参りガイドブックをゲット。

そして、前日、ご本尊に繋がらない私に代わって
チャネリングしてくださった先生のメールを読み返す。
つづきを表示

【自分ウェイクアップ】日本の神様3
昨日の会話のあと…

「ご本尊と交代をお願いしてみてください(直接会話を試みる)」

という指令がきた。
えええええええええええええ~

真面目にお参りもしたことがなかったのに
いきなりそんな大胆なこと、言えないよ。無理だよ。
お腹痛くなりそう。

と、思いつつも掃除をしながら心を落ち着けて試みた。


「豊受の神様、いらっしゃいますか?」
『さよう』
「先程、お話してくださった方ですか?」
『さよう、前にも聞き及んだ通りじゃ
 言葉は伝言のように伝えられる はじめは取りにくいであろう?』
「はい、そうなんです、ご本尊とお話することは叶いますか?」
『何を話したい?』
「日本の神様に御挨拶とお詫びです」
『もう受け取ったぞ?』
「他に、お聞きしたいことがあるんですが、いいですか?」
『何だ?』
「うちにある実家の宗教のお仏壇の中に曼陀羅が入っているんですが
 これはどう扱っていいのかわかりません」
『それはご自分で考えることよの、
 そはもうとっくに用のないものを置いてあるままにしてあるからじゃ…
 心のふんぎりのつかぬまま置いても意味はなかろう…
 相談して元のところに戻すといい』
「いま、粗末にしている気がして…」
『もっともなことよ…
 本人が意味もわからぬまま持っていても何になるのか
 ましてそれは、それほど利になるものでもない…
 なぜ心の内側に仏性が存在すると語りつつも
 曼陀羅を必要とするのか…
 その仕組みがわかればいらぬものよ…そうであろう?』
「はい、要はこれ、自分本来の仏性に触れるためのツールでしょうか…?」
『そのように捉えても良い…ツールとな。ほっ
 信仰心のあるに越したことはないが…行きすぎると本来の目的を忘れがちになるもの
 いずれわかることよ』
「お仏壇のことをお聞きして、気が楽になりました」
『まだ捨てる勇気もあるまい… おぬしの考える問題よ』
「わかりました
 ちなみに初詣は靖国神社が実は近いな、と思ったのですが…」
『祭神が気になるのであろうな
 それは神の領域・住まう社とは、目的が異なるもの
 なぜ、いかようにそなたが東京大神宮へ足を運んだかお気づきか?』
「偶然に近いです」
『偶然とな?本当は薄々気付いているであろう…
 神とは縁もゆかりも様々じゃ』
「本当にシロウトな私なので、
 まだ少し神界の神々のことをお勉強してきたいと思います
 今日はありがとうございました…」
つづきを表示

【自分ウェイクアップ】日本の神様2
1月も2週目に入ったころ、なんとな~く
私も初詣というのに、行ってみようとおもいたった。
実はこれまでの人生で経験がない。観光でしか行ったことがない神社。

たまたまよそさまのブログで都内のよさげな神社が載っていたので
そこに行こうかな、と思い検討。
赤坂の日枝神社は、セッションルームの近くにあり、
いつも見ているので場所はわかる。でも乗換が面倒。
虎ノ門の神社は地理的に馴染みがない
飯田橋の東京大神宮は、はじめて知ったが会社からそう遠くもないし
なんとなく気になったので、早速ググって地図を印刷。
ここで、仕事がいそがしくなり虎ノ門のことは忘れていた。

12日「よし初詣だ!」と思いつつのあまりの寒さに断念
13日「よし初詣を今日こそ!」と思いつつ、ちょっとメールチェックしてからいくか

あら?メールだわ
「地元の神社に参拝して○○○と○○○を受け取ってきて下さい」

ぬお?これを読まずに行ったら、初詣意味なしだったわ…
とりあえず、赤坂か地図を用意した飯田橋にしようと思いつつ
決めずに電車に乗った。

やっぱ飯田橋にした。

そこで、まだ参拝客の多い神社にお参りして受け取ってきた。
作法も知らないので、うっかり鳥居をくぐらずに
横から入ってしまった。手も洗うのを忘れた。

本当はお参りの後は、そのまま家に帰ること、
なんていう話も聞いたことがあるのに…(出所不明。個々で調査よろ)
秋葉原で、ぶっこわれた電子レンジを買い換えてみた。

その日、受け取ったもの(3次元のものではない)の概観をみて
祭神と一緒にご連絡。
その繋ぎをいただいた方を教えてもらった。

早速、チャネリング…
つづきを表示

【自分ウェイクアップ】日本の神様
5日に千葉すぴこんで、凹んだことがあった。
チャネリングしてほしいといらした方がいたのだが
見たら、上の方が日本神界の方で私では単語でしか返事がいただけない上に
お名前が全然わからない。さすがに反省した。
今、思えば守護天使かハイヤーに繋げば良かったのに。何を考えていたんだろう。

思い出したのが、2006年4月、植物と会話の練習をしていた時代に
mixiで北辰尊星王妙見姉さまのエネルギーを個人でつないで
一斉にヒーリングするというのがあったときのこと…

1回目は、光の柱の中に白い着物を来て立ってるシルエットが。
2回目は、ボーっと同じ姿を眺めてるだけだったのだが
会話が…

『なにを望んでここへ来た?』

(このヒーリングは祈願を紙に書いておくんですが
 ころっと忘れて、書かないでいました。で、返事をしてみました)

「私の守護神が誰か教えていただけますか?」

『なぜ、知りたい?』

「身近に感じていたいのです。かつて知人を通じてこう言われました。
 “貴方が白髪となるときまでも、貴方を運ぶ”と。
 あの言葉に本当に感謝しています」

『貴方が自分自身で繋がれるようになれば、自ずと分かるであろう』

「頑張ります」

『頑張らずとも、楽しみなさい』



3回目のヒーリングが…


『その望みをとくと眺めてみるがいい
 それがお前のためになるであろう』

「私自身のカルマに関係することでしょうか?成長に関すること? 」

『成長だ。カルマなどまやかしのようなものだ。』

「カルマは実在しない? 」

『カルマはシステムの一部、学ぶのステップにすぎぬ』
つづきを表示

セントジャーメインから
新しい時代の幕開けだね

多くのものが最終的な篩にかけられて明暗が分かれる
貴方自身がこれまで何をしてきたのか
貴方自身が為すべきことに近づけたのか
その問いに対する答えはもう心の中にありますね?

大丈夫、自信を持って
次の段階に進んで下さい

やがて霧が晴れるように
すっきりとご自身の心が見渡せるでしょう

この篩の時期は
これで最終なのかと心配してらっしゃいますね?
いくつかの段階を経て、それはやってくるでしょう

まずはご自身の周りを見渡し確かめて下さい

一人ひとりの変容が
周囲に影響を及ぼすように
貴方の変容が
貴方の人生という現実に投げかける力をごらんなさい


セントジャーメイン
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.