見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

たった一度の警告
これまでの鑑定の中で、たった一度だけ
神界の方から警告を受けたことがあります

それは、そのときに受けていた案件
決してそれ以上関わってはいけないと告げられたのです。


最初にその依頼メールが着た日
そのときから胸にざらりとした感覚がありました。
なにかまずそうな依頼は決まって、胸を砂だらけの手ですられるような
ざらりとした感覚が湧いてきます。
大抵は、良くない霊に憑かれている時。

このケースに至っては、相手が悪意を向けてくるという知らせでした。

基本的に頼まれた事以外は見ず、分かっていても告げませんが
このときにも私は言いませんでした。

因縁なのでしょうか、獣に完全にもてあそばれていました。
自分自身の人生を少しずつ、少しずつ削られ
猫が獲物をいたぶるように運命を削られていました。

原因は本人の過去にあると確信したとき、
この災いは自分で責任をとらざるを得ないだろう。
よって、今自分がなにかいったところで
よほどの代償を支払わない限り解決せず、またなぜか…
見えない世界の人たちは手伝う意思がありませんでした。

自身に降り掛かった数多の霊障に気がつかないのは、その獣のせいでしょう。
そして、その霊障を霊感と捉え
霊能者になりたいと言うクライアントさん。

180度世界がひっくり返ったとしても、それは無理でしょう。

そして更に、ほかの人を鑑定していくことで禍を買い取り、
自分に受け乗せしたままで、禊もしていない状況
手にとるように、その後が分かりました。

神界からの助言は私にとって絶対なものだったので
その後、一切の鑑定を断り、理由も告げませんでした。

ただ、今まで出会った人の中で
ここまで長生きできないだろうと思った人はほかにはいませんでした…。

高次の存在が手伝わなかった理由は、それだったのでしょう。
おそらく死なくして、償いは終わらないと。

あるハイヤーセルフメッセージ
ふと、出てきたハイヤーセルフメッセージ
お蔵入りしたもののようです。





貴方のハイヤーセルフである私から
貴方自身に一言アドバイスを贈りたいと思います。

今の自分に欠けていると感じるもの、状況、
それらに自身の気持を反映させなくてはなりません

こうなってしまうだろうと予測するのではなく
確信した1つの物語を心に描き、確信してゆくのです。

根拠はいりません
確信して、心に刻めば
自ずと人はそうある未来へ向けて無意識に行動をするのです。

頭で考えてしまうと、気苦労も多いでしょう…
ただただ心に未来図を成功した形で持ち続けることが必要なのです。

現在から未来に続く道のりは
1つの線として続いているように見えますが
実際にはそうでもないのです。
無数の選択肢の中から都度、現実は選ばれてゆきます

その一瞬一瞬に選び取る未来が
貴方の心にある像に最も近いものを選び取れるように
心に指針を留め置くのです。

人の可能性は広くあります。
ですが、私は無限とは言いません。
人の生に与えられたストーリーの中で
どう、答えを出すのか、それが見せ場となるでしょう。

貴方の今後のために
心にいつも未来図を置き続けることを
忘れないでください。

ハイヤーセルフチャネリング
クライアント様の意向で、セッションでやらせていただいたチャネリングを掲載します。
現在のパートナーとの絆と再び取り戻し、家族を再構築する…
そんなテーマをお持ちの方へお送りします。





貴方がすでに知っていると思う人でも
100%知り尽くしてはいないはずです。

もっとよくその人を見て、
たくさんの話をして
その人を再発見してください。

単にもう一度恋愛を、と思っても
人であるがゆえに難しくもあるでしょう

ならば、同じ人であっても
その人の新しい魅力を探して
その部分をまた好きになれば良いのです。

人間は複雑で多くの面を持っています

だからこそ、できるのです。

すでに知っていると思っている部分は
ほんの一部で
まだまだ貴方が知らない面は
確実にあるものです。

これまでと同じ生活のリズムの中で、というのは困難かもしれません。
これまで行っていなかった場所、
一緒にしたことのなかった全く新しい趣味を共に行ったりして下さい。
必ず、今までとは違った面が見えるでしょう

一緒にいられるその喜びを素直に伝えてくる人こそ
貴方は大切にすべきです。

なぜなら、そのまなざしの中に
貴方はいつか生かされていることを学ぶからです。

見守ることを知り、
その中で感謝もするでしょう。

今は彼の多面的な面を探すことに心を傾けてください。

それが今、私ができる最良のアドバイスです。


ハイヤーセルフより

変わる人々
先週、神界とのチャネリングをしたときに
記事に書くようにと言われたものの
すっかり失念していました。


人に訪れる変化の波は、震災の前からはじまり
ここ最近、急激に早くなりました。

なにが変わると聞かれても困ると言えば困るのですが

●長引く風邪が起こる
●体が軽くなる
●病が治る、心が治る

という現象がときどき出るようですけどね。
自分の場合には震災前、アレルギーが悪化しました。
一時的にだったので、
現在は……実はすべて普通に食べてます。

一時的にエネルギーが混乱するような感じになる人も多く
最近でもセッションで出てきました。

エネルギーワークは控えて、自分の時間を持ち
終わるのを待つのが一番早いかと思います…

カンダライン2
カンダラインの存在に気がついてからというもの、
なにかあれば神棚に報告したり、感謝したりという日を送っていました。

しかしながら、どうしてもこれだけは力を借りないとならない…
そんな案件に巡り会ってしまったとき、真剣に願ったのです。
「どうかこれだけは力を貸してください」と。

すると、なつかしの声
「ん」

ちょっと威厳があるけれど、なんとなくリズム感のある渋い声
吉さん〜〜〜!!

「しばらくの間、力を貸してやろう」

きたわ〜!

カンダラインを通ってきちゃった…
これまで直接いかないとダメだったのに、ここは直通。笑

しかし、自分のお願い案件だけで来たというのは
なんとなく違和感もあったのです。

1週間立たないうちに、その理由も現実の中に浮上してきました。

狛犬さんが好きだった女性を見送るお仕事を
吉さんは担ってくれたのです。

一人の人を先導して明るい光の指す場所へ誘い、
高みにいけるように見つめるその姿。

これは自分の目でみた人でないとわからないと思うのですが
言葉にならない感動がありました。

神様が彼女を大事に思ったから、わざわざ狛犬さんのお使いをくださったんでしょう。
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.