見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

プレアデス人
果たして、あんまり良い意図をもっていない宇宙存在は
どのくらいいるものなのか、繋がっちゃってる人の今後、などなど
久しぶりにプレアデス人に聞いてみました。
昔、よく対話をしていた方は、今はそのポジションでないとのことで
よく似ている感覚を持つほかの男性に繋がりました。
コアな部分は、はぐらかして答えてる気がしなくもないです。

 * * *

ディーン

話せる限りで、お話しましょうか?
そもそも人間社会の中に降り立った、宇宙存在の多くは最近ではなく
かつてより、そう大昔から随分とたくさんいたのです。

目的を持ち、自身の使命として降り立った者、
転生を通してやってきた者と様々です。

ですが、あなたが近年気にしていた、
よくない意識を持った宇宙の存在については、
その善悪を人が決めているという現実があります。

宇宙はそのような単純な法則の下で動いてはいないのです
それぞれに目的が異なれば
人への干渉の仕方もまた異なってくるのですよ

貴方の周囲には、幸い近づくことなく
私たちと共にありましたね?
もう貴方はすでにご存知のように、私たちの仲間であった人ですから。

ただし、人の世界には、人によって持ち得る縁もあります。
波動、波長と呼ばれているのは
本人が解消しきれなかった過去のエネルギーを霊体にまとわりつかせ
その同調する部分に、磁石のように惹かれてくる存在があるということなのです。

それは個々の問題であり、
良い、悪いと判断された存在にその責を負わせることはできないでしょう。

私たちは最善を尽くします
ですが、今のこの社会には苦痛も多く
人は救いを必要としているのです。
そのときに人が何を選ぶのかが重要でしょう

誰と通じてしまうのかは、本人にかかる問題であり
広い宇宙に様々な存在や、様々な目的があることは否定できない現実なのです。

自分を見つめ、改革することで、人はやがて導く者と呼ぶ
より高位の者と接触することもできるでしょう。
自分の中の自分という囲いの中に生きるのではなくて
囲いから出れば、世界は無限大なのですから。

貴方の質問にこれで答えきれたでしょうか?

電子レンジと宇宙人
実は、私の友人で宇宙からきて、地球人新米という人がいる。
その人のことを私は以前から冗談で「宇宙人っぽい」と言っていた。

この仕事を始めてから、その人のハイヤーセルフに聞いたことがある。
なぜ、特徴的なオーラを持ち
過去生についても、妙な感触があるのか、と。

「宇宙から転生したばかりなのだ」と

過去に何度か地球に来ているというものの
それは引き上げもあっさりしたもので
地球人としての歴史は長くない。
しかも、その後また元の星に戻ったりしていて
直近の過去生が宇宙人であるために
どの過去生を見ても、本人にピンとくるものはないはずなのだ、と。
そう言った…。

その人はオーラが普通の人とは明らかに違う。
宇宙人と地球人とも大分違うと聞いたことがあるが
そうだとしたら、なんとなく理解できなくもない。

ある日、唐突に思った

宇宙人と電子レンジはたぶん相性が悪いんじゃないのか?

その人もレンジは所有していない。

そしてうちで起こったある事件


過去に宇宙人と集中的に会話の訓練をしていた頃
ちょっとイラつくことがあり、彼らに暴言を吐いた
その数分後に喫煙しようと、ベランダに出ると
真っ正面に変な光があった。

雲の中にオレンジ色の光がある。
月なら雲の内側からこんな風に光らないし
楕円っぽくパースがついては見えないはず…

数分たって、突然に光は消えた。
やっぱり月じゃない…

そのとき、気がついた
「うわっ、電子レンジタイマーが壊れて延々と加熱しているっ」

光が見えていた最中にレンジは壊れた。

私は直後に会話した宇宙人に聞いたが、さらっと否定された。
そして面白い偶然として片付けようとしていたのに
この会話を見た師匠は言ったのだ

「ふぅーん、まあ誰が犯人だか明らかですけどね」と挑発的


やっぱ相性が悪いのかもしれない。笑

プレアデス
「プレアデスの方ですか?」

『はい、いますよ』

「どなたですか?」

『お忘れですか?お久しぶりですね。アルウェンです』

「本当に久しぶりなんで、感覚を忘れそうです。
 なのでつないでみました」

『地球の方々は、私たちの意思や言葉をテレパシーとして受け取るとき
 体感を伴うことが多いようですね』

「メカニズムは?自分では分からないのですが…」

『答えは簡単です
 私たちの意思をのせて、光が運ぶとき
 貴方方の皮膚感覚は日常より拡大しています。
 その知覚としてクラウンチャクラを拡大していることにより
 エネルギーの感度が上がるためですね』

「光に乗せているって?光だと64万光年かかるのでは?」

『はい、私たちの意思が地球に届くまでの間
 時間軸を折りたたんだ状態でワープして届きます。
 ですが、その先は受信者である貴方が拾うのですよ
 ここは、今、5次元です
 貴方のそのクラウンチャクラを通して
 私たちの意思を受け取り変換して言葉にしますね?』

「はい」

『そのようなメカニズムは、私たちも同様です
 ですがプレアデスと地球の間は64万光年もかからず
 折りたたんだ布の接点として表現されます。
 それがリアルタイムに受け取れる仕組みです』

「光のない夜にも受信できるのはどうしてだろう」

『光といっても可視光線だけではなく、
 多くのものを包括しています。
 その中の波を乗せられるものなら構いません。
 私たちの会話の多くはこうしたメカニズムを介在して行われています』

「それでは、プレアデスとの会話の多くが
 実は用意されたコンピューターによる返答というのは
 本当なんでしょうか?笑」

『ははは
 それは私たちの意思や意見、スタンス、歴史など固定の情報を
 ある位置に固定しておけるものです。
 あなたはアカシックレコードは知っていますね?
 そのようなものです。
 入り口に立った旅人が、まずその国の歴史やガイドの書かれた
 看板をよみあげるようなものです、
 機械という表現よりは、私たちの意思を表明したものが近いと思います』

「なるほど…
 ところで、世の中の宇宙人ものチャネリングには
 4次元の幽霊からのものがありますね、見分けポイントはありますか?」

『私たちには固有の波長があります。
 貴方も同じようにね
 4次元存在の交信では、この体感は伴いません
 うわべだけの言葉で似せても、それぞれの波長までは変えられません
 それが最大のポイントですね』

「ビジョンというのは当てにできるものでしょうかね」

『人それぞれでしょう
 今、私は貴方とこうして対話していますが
 ほかのプレアデス人と交代したらどうなるでしょう
 見た目では区別できませんね?
 やはり私たち固有の波長や感覚を覚えていただくのが一番です。
 うわべだけの言葉であっても4次元存在です
 それはいつしかボロを出すでしょう
 彼らの目的は人を混乱させること、
 人を自分に依存させること、エネルギーを奪うチャンスですからね
 もしも、宇宙存在と対話しているという方で不安が芽生えたら
 その相手が貴方を自立させてくれているかに注意を払ってください
 そして私どもには歴然とした規定があります。
 なんでもかんでもお話することはありません。
 個人の未来や、人の心情など、そのようなルール違反のことまで
 お話するものはいません。
 その点はくれぐれも注意してくださいね』

「了解です
 久々ですか、何か他にありますか?」

『いえ、私たちも問われたことに答えるというルールがあります
 とはいえ、一プレアデス人の私の立場から言わせていただければ
 よく日本の神々がここまでお話してくださっていると思いますね。笑』

「そういうもんなんですか?やっぱり気むずかしいんでしょうか?」

『地球の番人ですからね。笑
 私どももとても気をつかいます。
 貴方がた日本人ほどに気さくにお参りなどで
 エネルギーを感じることはありません。』

「へえ、おもしろい話ですねえ~
 4次元の幽霊は神界の話もできるんでしょうか…」

『もちろん、マネならいくらでもできるでしょう。笑』

「今日はありがとうございました
 またつなぐことがあったらよろしくお願いします」

『お待ちしております。それでは』

【チャネリング】プレアデスの人にお礼報告
「こんばんは」
『こんばんは』
「今回の帰省、じっくりと親を観察してきましたよ
 普通の老夫婦でした。自分が変わったんですね
 全然イライラしないし、本当に安堵した気持です」
『そうでしょう?あの方たちは貴方の心の内面を写す鏡だったのですね
 すべての物事はありのままでした
 ひとつ成長されましたね?
 おめでとうございます』
「本当は帰るの、憂鬱だったんですけどね
 ほんの3年前、ひどい状況だったときとは大違いで
 妹も結婚するし、本当に安心しました」
『そうですね。いつかは物事は変わっていきます
 そのままであることはありません
 この先は、これまで以上にどんどん良い方向に向かっていきますよ』
「そうだといいんですけどね~
 なんかゆるゆるとしていて不思議な感覚ですよ」
『貴方自身も今年は変わることでしょう
 これまでとは違った世界で、違った経験を多くするでしょう
 あまり多くは申しませんが、これは良い経験でしたよ?
 今回の新しい家族関係の見直しは…』
「そうですね、それでは今年も私の練習相手をよろしくおねがいします」
『はい、こちらこそ
 とても楽しみですよ?
 来年の今日、貴方はまったく異なる立場におられるでしょう
 見守っていますよ』
「そうですか?残業のことが気がかりですけどね…
 それではまた」

【チャネリング】プレアデス人に親子関係を相談してみた
2007年12月25日に会話したもの。
今回、帰省するにあたっていただいたアドバイスは
とてもいい効果が出ました。
ありがとう、プレアデスのアルウェンさん。


「プレアデスの方?」
『はい、こんばんは』
「このまえ、お聞きした肩こりの件、イスを低くしたら良くなったよ
 一日二日でも、随分違ったよ、ありがとう」
『どういたしまして、ささやかなアドバイスでしたね』
「今日は、年末年始に実家に帰るので、そのときにしておいた方がいいことがあれば
 後々、いいよ、というのがあればお聞きしようと思いまして。
 トラウマ解消でもいいし、
 後で必要になるものを持って帰ってくるとかでもなんでも…」
『そうですね。私たちが特に気を使ってほしいと思うのは
 離れて暮らしているために、
 そのトラウマを向き合って解決する機会が少ないということですね
 ですので、できれば今回は御両親とも、妹さんとも
 そして妹さんがご結婚される方とも、沢山話しをして
 過去と今の関係はすでに、全く異なっているということを実感するまで
 とにかく話していただくと良いと思います』
「確かに一人でいると、昔のことをそのまま良く思い出すね」
『そうでしょう?でも変わっているのですよ?
 あのころ、貴方を縛り付けていたものは、とうに消えて
 貴方は自由になっているのです
 ですので、それを今回確認してみてください』
「わかりました。
 割と意外な答えだったかな。
 妹があと数ヶ月しか実家にいないから、もっと沢山想い出をつくるとか
 そんなのを想像してた」
『もちろん、それも否定しませんよ?笑
 でも貴方と妹さんは充分に、通じ合っていて仲のいい姉妹ではありませんか?』
「うん、そうですね
 それでは、そのことを気に留めてみたいと思います
 今日は、どうもありがとう」
『いいえ、それでは、もうよろしいんですか?』
「はい、また今度で」
『それでは』
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.